スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop
タイ
fl1110250.jpg
PENTAX Q

東日本大震災のあと、まもなくして、
タイ王国の王様から毛布の寄付というニュースをどこかで見聞きした。
当時の朦朧とした頭の中で、「南の国から毛布」がリフレイン。
その毛布はどれくらい温かいのだろうかと多少心配しながらも
有り難い申し出に、心は温まり感激した。
夏の電力不足が心配される頃には再び
今度は火力発電所を貸してくれるって!
しかも「分解して船便で日本に送る??」
そんなこと出来るのかよーと、のけぞりながら
タイ政府の対応に感謝するとともに、
「そーとー、今、他所から見ると日本は
まずい展開なのだろなー」と、震えた。

あのときタイから、ずいぶん勇気をもらった私は
今回の洪水のニュースを見て、少しでもお返しが出来ないかと考え
ヤムウンセンを食べに、いつものタイレストランに行ったのだ。
そういえば十数年前の記録的な冷夏でコメが不作だった秋に
タイ国から、善意でタイ米を送ってもらったのに日本人は
「こんなパサパサのメシはくえねぇ」とか(種類が違うんだな粳米とは)文句こいて
恥ずかしかったなぁ…なんて記憶を蘇らせた。

その長粒米の香りを堪能し、いつもよりシンハービールを多く頼んだ。

タイ人のご主人もウェイトレスの女の子もいつものように陽気で少し安心したけれども、
支払いのレジのときに勇気を出してご主人に伝えた。

震災のときにはタイの人々の温かいご配慮に勇気をもらいました。
今回の洪水はニュースで見聞きする限り皆さんのご親戚も大変な思いをされている事でしょう。
今度は私たちの番です。少しの額ですが募金などはさせて頂けないでしょうか。

…主人はいつものように微笑みながら
「あぁ、まだそういうの(募金箱)来てないよ。
もし来たら、今度食べに来たときに、そのときお願いね」というのだ。

「それじゃぁ、あっしが、とりあえずお預かりしておいて
然るべきときに箱に入れておきましょう。うっへっへ!」
と、ならないのがタイ人の素晴らしい所だなぁと感激したのだ。
真面目で正直なのだろう、ただおっとりしているのではなく誇り高いのだろう。
仏教徒だからか?王様がいるからか?豊かだからか?
ヤムウンセンとトムヤンクンしか知らない私にはタイの人の本当の気質は解らないけど
仕事が一息ついたらタイに行ってみたいと思った。

洪水の続報を聞いていて更に自分の無知を痛感するのは
なんとも多くの日本企業がこの国に拠点を持っている事!
それも所謂、売れ線のラインがタイにはたくさんあって
ヤムウンセンだけでなく随分と日本とタイは関わりがあるのだな。
日本のモノ作りの空洞化が云々とか、今現在どうだと云う話ではなく
このたびの立て続けの自然災害で東アジア全体がサプライチェーン(だっけ?)で
深く結びついておるのだなぁと改めて思った。

ニュージーランドの地震で大変だと思っていたら東日本に震災、津波、原発事故
中国韓国も台風、タイの洪水。そして昨夜はトルコで大地震…
瓦礫に挟まった人のひとりでも多くの命が助かるとよいなぁ。
今年はなんだか、アチコチで大変だなー。
10月で店じまいして、正月休みに入りたいのだ。
スポンサーサイト
Bad Day Sunshine | Comment : 3 | Trackback : 0
▲ pagetop

Comment

Toyomanemon

2011/10/28 16:21 ・・・EDIT

  辛い物喰べる奴に悪い人はいない、
というのは本当なんですねぇ。

garamond

2011/10/29 22:33 ・・・EDIT

  Toyomanemonさん>

カライとツライは同じ文字ですから
辛い事を笑って過ごせる事こそ、ひとつの境地。
ではなかろうかと…。
勉強になります。

あ、それから、結局、4S買ってしまいました。
成仏してもらうために。

Toyomanemon

2011/11/01 14:26 ・・・EDIT

  うぁーーーーーー
4S、いーなー。
でも我慢我慢。
自宅で遊ぶために、
Mac mini買っちゃったから。

関係無いですけど、
今日は中級ユーラシア料理店に逝ってきます。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131803/13000697/


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://flogking.blog43.fc2.com/tb.php/821-90b2bf9e
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。