スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop
ROMA! qui da ore! quattro
T中さんの先導で、どうにかホテルにチェックインです。
バチカン市国のすぐ目の前、hotel dei consoli
いろいろ便利だけど味気の無いアメリカ系とは違って
こじんまりした、古いアパートを改造してホテルにしたようなカワイイホテルです。
なにしろエレベーターは3人がスーツケースを持ったまま乗ると重量オーバーという。

すっかり日が暮れてしまったにもかかわらず
三人ともあまり腹が減ってません。
機内食が「わりとイケる」と完食してたせいだ。

腹ごなしにサンピエトロ広場を散策。

fl1101160*
GXR

大寒波を想定してスキー場で転んでもヘッチャラな
重装備の防寒対策で臨みましたが、拍子抜けするほど空気が暖かく湿度もあり
夜の散歩は、良い運動になりました。
何しろ広い。。。築地本願寺しか知らない田舎者には広すぎる。

でもまだあまり、腹が減らない。

fl1101161*

今日は初日で疲れているし近所の食堂で軽く済ませましょうと
T中さんお勧めの近所のピザ屋に入り、まずビール。
飛行機のなかって、やはり乾燥していたんでしょう、ワインスタートではなくビールがボーノ。
軽すぎず重すぎず、キレコクある、日本人の舌にもあうビールだったのだ。

fl1101162*

軽くと言っても軽くなさそうだなというのは一皿目から。
向かい側の妻は温野菜の盛り合わせ、私は生ハムの盛り合わせ。
ひとり一品の前菜なり。
4人くらいでチョッとずつ取り分けていただきましょうね。
というのは、あまり歓迎されないらしいから、
塩味濃いめのハムを追加で頼んだ白ワインとともに黙々と食べ続ける。
奥さんは「味がしっかりしていて美味しい野菜たち」を、ひたすらに食べ続ける。

fl1101163*

そしてピザ。

ローマのピザは生地がサクサク軽くて案外イケちゃう!…とガイドブックにあったけれど
本日わたしたち、内蔵の方の下地も、しっかりできてますもので。

28mmのレンズで誇張して巨大に見えるのでない

妻のチョイスした最もシンプルな気配だったアンチョビのピザでさえ
宅配ピザのLサイズはある。チーズもしっかり乗っている。
私がちょっと冒険心を出して頼んだビザは
この店の名物らしく、左右幅25センチの餃子の親玉のようなものだった。
中にはぎっしりとチーズ、卵、ベーコン等が詰まっておりました。
どれもこれも美味いんだ、美味いんだけど、量が。。。

本来ならば、ここから、メインが来て…という段取りだそうね。
涙ぐみながら、ごちそうさまでした。
完食、できず。

胃薬を多めに持って来て良かったです。

参考出品
1101169.jpg

東京のコジャレカフェで頼む
「ワタリガニとナントカのクリーム仕立てパスタセットアイスティー付き」
普段は「こんなチョコットで午後から仕事になるかい!」と悪態ついてるんですけど
スポンサーサイト
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://flogking.blog43.fc2.com/tb.php/791-66f33bf1
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。