スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop
ひと区切りの行方その9
函館、Artistsを後にしたワタシは
いよいよ激しくなって来た風に、たまらず折りたたみを取りだして坂を下った。
雨はさほどではなかったのだけども、風が強いため傘を使ってみたが
あまり意味のない行為で、すぐに傘がおちょこになってしまう。

こういう天候の日の石畳の下り坂は
慣れないワタシにはツルツルと滑って
甚だ歩きづらい。
Artistsの女主人に教わった
近所のカフェで休憩するのだ。

fl1010193.jpg

ここは古い銀行の建物の一角で営業されているコーヒー店。
これから「いくら丼とビール」を喰おうというのに
なんだか逆の順番なのだが
すこし冷えて来たしArtistsでの緊張を解きほぐす気持ちもあり、
函館ブレンド、シルブプレ。

fl1010196.jpg

コーヒーが届く前、カメラチェックのために(笑)きった一枚。
しかしコーヒーが届いたら、写真を撮る事を忘れて
プハーっと飲み干してしまったのだ。
普通コーヒーはプハーッとは飲まないのだが
丁寧に淹れたコーヒー、美味しゅうございました。


さてさて、いよいよ。
なのである。

いくら丼とビールの時間だ。
プリン隊ども!かかって来なさい。なのだ。
しかし予備知識なしでガイドブック一冊も持たずに来たワタシには
どこらの一角が「通(つう)を唸らせる店」なのかまったく判断できない、オノボリサン状態だ。
普段、築地で仕事をしていてキラキラ看板の寿司屋に入ってゆく観光客を見て
「あ~裏路地にはもっと新鮮なネタを使って良心的な店があるのにねぇ」
と哀れむ自分とは、まるっきり逆の状態。
アウエー。

明るい方面を目指して歩いて行くと
結局ショコラにも程近いレンガ倉庫の隣ブロックの
フードコートに到着。
昼のホットドッグ以来の晩飯は結局
「まるかつ水産」という回転寿しに決めた。
渋い裏路地の寿司屋を探索する
勇気と体力が、もうなかったのだ。

fl1010194.jpg

時間帯のせいなのか、ずいぶん賑わっているその店で
函館のタウン誌『街』を失敬して読みながら順番待ちをした。
ここでは「お一人様」が強い。
カウンターの端っこに、順番を飛び越えて、ほどなく通された。

ここは北海道。真っ先にサッポロビールを注文したあと
メニューを見て、いささかノケゾル。
時鮭、八角、ミンククジラ、油子…
普段築地では並ばないネタ。
函館じゃもの、イカも食べなきゃ、初志貫徹!イクラを食べなきゃ。
当然、マグロも食っておこう。。。
とりあえず頼んだらこんな感じ

ふだん東京ではカリカリに焼いて塩が吹いた鮭以外は
のっぺりして頼んだ事がないワタシだが、
この日、時鮭の握りにの美味さに涙が止まらず
ついでに八海山も止まらなくなってしまったのです。

たらふく飲んで喰って、お勘定。。
いい所だぜ、函館回転寿司。

スシったあと店を出ると、ここはフードコート。
向かいには塩ラーメンの看板。
行っとこう。

fl1010195.jpg

サッポロ一番のラインナップで、最も愛する塩ラーメンを
ここで行かなきゃ、どーするよ、と。
だいぶ腹一杯だったので、スープは飲み干せませんでしたが
美味しゅうございました。

もう雨も風も気にならない。
ゆらゆらとショコラに戻る途中
セブンイレブンで追加の酒とウコンの力を購入し
今度は歩いて宿に戻ったのでありました。
スポンサーサイト
We Can Eat It Out | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop

Comment

Toyomanemon

2010/10/22 16:20 ・・・EDIT

  フードコートだろーが
駅ビル上階の食堂街だろーが
北海道の回転寿司屋さんは
レベルが高いでっせ。
ネタが新鮮という意味では……。
江戸前張りの「仕事」を期待しちゃいけませんがね。

garamond

2010/10/22 20:14 ・・・EDIT

  Toyomanemonさん>

本当に!
東京で鮭の寿司食べて
美味いと思った事ないです。


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://flogking.blog43.fc2.com/tb.php/755-c9ef5108
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。