スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop
ひと区切りの行方その七
タクシーに乗り込み、
行き先を告げる。
運転手もショコラフロントと同様に
歩いてもワケのない距離だよと言う。

「近いところで申し訳ない。
ここいらは不案内なもので、元町31というところまで
乗せてやってくださいな…。いや、実はね、今日の朝に急に思いつきまして…」云々と
聞かれてもいない事情を語り始めようとする、間もなく、

到着。

「ここらだと思うんですけどねー。」
ホントーに、歩いてもすぐの場所だった。
まぁ、しかし日も落ちて小雨も降っているから
タクシーで瞬間移動できて助かりました。サンキュ。タクシ。

fl1010175.jpg

その場所は、ロシア正教やカトリック教会、さらに本願寺が立ち並ぶ
港から市電の通りを跨いで石畳の綺麗な大三坂という坂の途中の十字路であった。
かどに酒屋が営業をしていて、一角が少し明るい。
(おそらくは)その酒屋が大家だと思われる
五軒長屋のような作りの店のうちのどこかで写真展は開催されているようだ。

fl1010174.jpg

酒屋からひとつ隣、違う。
もう半分シャッターが閉じている的な店。

二つ隣、一番明るいが、アメリカ風料理の店。

fl1010172.jpg

あぁ、羽田でホットドックの昼食だったから
やはり、函館では「いくら丼にビール」だよなー。
グッと理性を取り戻して、さらにその隣。

fl1010173.jpg

居た!
あった!
ここだろー。
押しボタン君!

隣のハンバーガー屋と比べて
慎ましい照明で、小さく「Artists」という看板が掲げてある。

しかし店内、人の気配が、無い、まったく。
今日は雨も降って来たし早じまいをされたのか、
はたまた夕食の買い出しで少し店を空けているのだろうか…。

女子な感じの雑貨屋さんを営んでおられる風情のその店の
サッシの外側で、しばらく店内の様子を伺っていたのだ。

押しボタン君の写真があるのだから、
会場はここで間違いないはずだけども
閉まっているならば、時間も時間だし閉店かなぁと
店内を店外から、ぐるり見ていた。

最中!!

誰かと
目が
合った。

深い森の中で猛禽類のフクロウと出くわしたような(経験ありませんが)衝撃。
一瞬だけ、鋭い目がこちらを警戒しながら睨みつけていた。

え~?誰なんですかー?

店の奥のパソコンと書棚の隙間から
その猛禽類の鋭い視線はワタシに向けられているのを
慌てふためきながらも、数秒後に気づいた、のだ。

どうやら店の奥で
事務作業中の店番の人、らしい。

つづく
スポンサーサイト
FrogKing | Comment : 4 | Trackback : 0
▲ pagetop

Comment

さえる

2010/10/18 23:47 ・・・EDIT

  爆笑!
ダメだ。。。笑いが止まらない!
店主さま。。。鳥好き過ぎて、とうとうふくろうになっちまったのかと思った!(お腹いたーーい、爆笑!

押しボタンくんが居て分かりやすかったでしょ~(まだ爆笑ちぅ
ダメだ。。おもしろすぎる。。。
明日、店主さまに言っておく~

真夜中に爆笑し続けるよぱらいでした。

いくら丼&ビール一緒に食したかったなぁ。。。。
(ちなみに。。わたし、すごく近くにいたのに。。。泣

garamond

2010/10/19 11:42 ・・・EDIT

  さえるさん>

受けてもらえて本望です。

店主さまは、鳥好きなんだ?
砂肝とかレバーとかの?

なかなか、ユニークそうな方でしたね。
函館山を奨められたのだが
雨だったから断念したんです。

よろしくお伝えくださいねー。

さえる

2010/10/20 00:18 ・・・EDIT

  ちがうちがう、生きてるもっさーとした鳥さん(食べ物としてじゃなく~

garamond

2010/10/20 09:38 ・・・EDIT

  さえるさん>

やっぱり(笑

ウチの奥さんは「鳥好き人間コンテスト」に
出られるくらい鳥が好きなんだそうです。
(こっちは食べる方)


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://flogking.blog43.fc2.com/tb.php/753-90de5541
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。