スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop
金谷ホテルで昼食を(前)
「いつまで日光に居るんや?おっさんは」
美しい関西弁を話す鹿島の赤Tシャツに突っ込みをいれられたのだ。

日光はたった一泊しただけで、とっくに東京で生活してますが
なにしろ、このゴールデンウィーク前後というのは
歓送迎会、休み前進行、休み明け打ち合わせ…と
吐き気がするほど淡々と忙しいから、
この一泊旅行の想い出を大切に大事に反芻している訳です。

ま、一言で言えば、現実逃避である。

fl1004270.jpg
GXR

いろは坂を下る車中、金谷ラブさん曰く

「写真を撮られる方なら、日光金谷ホテルは
きっと良い被写体だと思います。
それから、売店で売っているパンとピーナツバターは
とても美味しいの。お土産に喜ばれますよ。」

私は上の句に、家人は下の句にビビンと反応し、
まだ昼前だし、このまま特急に乗るのも勿体ないから
金谷ホテル日光に寄り道なのだ。

fl1004271.jpg

なんでも日本で最初の西洋風ホテルなんだという。
大谷石の外観も明るく上品な印象だけど
館内の調度もシックで美しい。
古くからの物を丁寧に手入れをしながら使い込んでいる美しさ。
10年20年では、こういう感じは出ないんだろうな。

一階では婚礼があるらしく、晴れ着をきたお嬢さんや
白いネクタイを締め、少し赤ら顔のお爺さんたちが談笑している。

fl1004272.jpg
fl1004273.jpg

二階に上って行くとレストランがある。
とても静かで良い雰囲気の食堂だ。
白いテーブルクロスの上に用意された柔らかそうなナプキン。
その脇にたたずむグラスや銀食器もきっとよく手入れされて永く使われているのだろう。

fl1004274.jpg

そんな事を思いながら
カメラを手にウロウロしていたら
ウエイトレスと目が合った。

「ただいま一席だけランチのご用意ができますよ。
その後は一時半頃まで、お席が埋まってしまうかもしれません」

冗談ですよね。

しんと静かな11時45分。
広いレストランのテーブルは、まだ5、6席に客がいるだけだし
辺りには、ここが埋まるほどの人の気配は無い。

しかし私と家人はこのレストランの雰囲気が非常に気に入ったから
その「一席だけ」のランチの席で昼食をとる事にした。
fl1004275.jpg

果たして、12時ジャスト。

外国人のツアーだ。
確かに、たちまち満席である。

みんな楽しそう。
スポンサーサイト
LOVELY RICOH | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop

Comment

ロボけん

2010/04/27 08:23 ・・・EDIT

  はい、関西人とは思えぬくらいキレイな「標準語」を話す鹿島
サポです。朝っぱから笑ってしまいましたわ(w)

「日光金谷ホテル」は泊ったことはないのですが、日本最古の
西洋式ホテルやっていうのは知ってました。

この一泊旅行の写真で、さんざんみましたが(笑)いいですね~
機会があったら、絶対泊りたくなりました。

やぼなこと聞くけど、やっぱ近隣のホテルに比べて「宿泊料」は高いのかな?

まぁ~なんにせよ、ものごっついホテルPRシリーズですね(爆)

2010/04/27 14:22 ・・・EDIT

  ロボけんさん〉

わはははは
ものごっついデスか~。

僕も本気で日光金谷に泊まりたいですわ


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://flogking.blog43.fc2.com/tb.php/654-edbe3bdf
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。