スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop
ラスト酢豚を私に
fl0908140.jpg
E-P1

残念で仕方がないのだ。

中国へは、大陸では上海、香港。
台湾は台北に、それぞれパック旅行で数十時間ずつしか滞在していないから
本当にアタリのお店には辿り着かなかったのかもしれないし
パリやロンドン、ニューヨークのチャイナタウンでは
それぞれの国ごと、食材の仕入れの事情だったり、土地ごと好みの味付けだったり
はたまた自分自身が食に関しホームシックになっていたのかもしれず
正確に、どこの中華料理屋が一番おいしいかなんて
言い当てられるものでは無いのだけれど。

それでも、わたくしが、「世界で一番おいしい中華」と思っていた
築地場外の「福新樓」が、「本日をもって閉店」と。なってしまったのです、涙。

上海で「この店が今、一番人気デス」とか
香港で「ここのメニューを食わずして中華料理は語れまセン」とか言われて
健啖家というわけでもないわたくしは、いつもいつも
「あ~、福新樓のチャーハン食いて」と思いながら
パックツアーのホテルの部屋に戻ったものです。

ホントーーぅに、この店は
横浜中華街の「ナントカ飯店」や、「カントカ酒家」なんか、
シーンとしちゃう位、日本のお米によくあう味付けなんだから!
ガツガツと、うるち米のご飯を、おかわり出来ちゃうんだから!
魚介の仕入れは勿論築地だろうしさ!
日本人の舌にあう、背伸びも媚びもない味。なんだから!

で、昨日のランチは福新樓でラスト酢豚。

ラストチャーハンも、ラスト五目ソバもして
ラストカニ玉もしましたけどね!
えぇ!ランチビールだってしましたよ久々に!
おかげで腹一杯でしたよ家に帰っても。


残念で仕方がない。
もう、食べれれないのだなぁ…。

fl0908141.jpg


スポンサーサイト
We Can Eat It Out | Comment : 4 | Trackback : 0
▲ pagetop

Comment

toyomanemon

2009/08/14 07:27 ・・・EDIT

  ぼー年会とかそー別会とか、
何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も、
宴会やったなぁ。
早く帰りたくてしかたがない、お運びのおばちゃんたちが
まだ喰い残ってる皿まで強引に下げちまう姿も
もう見られないなんて……。

kozzy

2009/08/14 09:15 ・・・EDIT

  もっと早く教えてほしかっただす。
チャ-ハンたびたい・・・

NOBU

2009/08/14 21:42 ・・・EDIT

   garamonさん、こんにちは。

 残念ですね。
 写真の酢豚は正統派を感じさせます。
 そして丁寧に調理されているのがわかります。

 地元にとても美味しい洋食屋がありました。
 都内の一流ホテルの料理長だった方が一人で料理を作っていました。体調を崩されて店をやめられましたが…ここのビーフ・シチューとエビピラフは、どの店よりも美味しかったです。

 今は思い出の中にしかありませんが…味も盛りつけもはっきり覚えています。

garamond

2009/08/15 02:17 ・・・EDIT

  toyomanemonさん>

ぼー年会とそー別会って、、、
かなり、暴走した感じですね。
わたしも、そんな歴戦の中で
好きになっていった店だけに
最近の宴会の少なさに危機感を抱いてたんです。

kozzyさん>

残念でした。
まさかの出来事だったんです。
チャーハンと一緒に出てくる
あの醤油味のスープも
ハフー、だったんです。

NOBUさん>

地元の生駒軒で出る脂身たっぷりなバラ肉を
使った酢豚が若い頃は好きでした。
「ナントカ飯店」の上品すぎる酢豚は
未だに酢豚ではない、と違和感を感じるのです。

その中間くらいで、良かったんですよ。

NOBUさんの思い出の洋食屋さんもきっと
ちょうど良い塩梅というのがあったのでしょうね。


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://flogking.blog43.fc2.com/tb.php/418-b6151aae
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。