スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop
赤毛のアン
fl0807270.jpg

を読んだのだわ。
出版100周年ですって。何て素敵なことなんでしょう。
訳者の村岡花子さんのご家族の方々(お孫さん?)が
「いくぶん改訂」を加えなすって、装丁も模様変えされていて…
私の心を捕まえて離さなかったのは、なんといってもアン達の言葉遣い。
「村岡花子の語感をこわさない」乙女ことば満載の一冊だったんですもの。

アン「だり…」
ダイアナ「だり」
アン「てゆか、ギルってマジムカつかね?」
ダイアナ「ルビーとつき合ってんじゃね?」
アン「マジすか」
ダイアナ「マジでじま」
アン「ゲロー」

なんて新訳されていたら一大事だわ。
新書のタイトルではないけれど、女言葉はどこに消えた、だわ。

今年のYondaはエコバックですって!
はやくマリラ小母さまに伝えなくっちゃ。

Olympus E410+D VARIO-ELMAR 14-50
スポンサーサイト
Get Book | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://flogking.blog43.fc2.com/tb.php/41-50eb1e79
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。