スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop
弦の交換
fl0906140.jpg
GX100

それにしても梅雨時のギターは、弦がすぐに錆びて、
新しく交換しても、湿気で指の滑りが悪く、
まずい音が余計にまずく聞こえるもんだから落ち込む。

どうせまたすぐ錆びるんだろと
使わないで引き出しに放っておいた「10」の太さの弦を張った。
昔、ロックな音は太い弦からだぜ…と、まとめ買いしていた
ERNIE BALLの黄色。

最近は「10」だと、指が痛いからとか言って
張り替えの間隔が長くて済むし、Elixirの「09」を使っていたのだ。
いま課題で出ている曲はチョーキングしたりがないので
案外「10」で問題ない。みたい。

まずい音には変わりないんですけど。
スポンサーサイト
While My Guitar Gently Sleeps | Comment : 4 | Trackback : 0
▲ pagetop

Comment

kozzy

2009/06/14 13:17 ・・・EDIT

  10がとて~も痛くて水ぶくれができたので、09にしようとたくらんでおります。

garamond

2009/06/14 23:16 ・・・EDIT

  kozzyさん>

水ぶくれを克服して、それからなんですよ!
…て、克服できないんだけど。

けねぴ

2009/06/16 14:37 ・・・EDIT

  お、エレキクラスに転向されたんですか。 

・・それとも(かつての私のように)指が痛いのでアコギにエレキの弦張ってるとか
(思いきり平ちゃんにバカにされましたが)

garamond

2009/06/16 18:06 ・・・EDIT

  けねぴさん>

うーん、なんと言ったら良いのだろう。
あのメンツのまま、アコギクラスなんですが、
練習曲が初歩のJAZZになり、
「エレキを弾いて良し」という状態です。
アコギにエレキの弦を張っているわけでは、なーいのだ。


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://flogking.blog43.fc2.com/tb.php/369-5304f25d
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。