スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop
半島の壺
fl0902070.jpg
fl0902071.jpg
fl0902072.jpg

ちゃんとトリミングしてからアップすれば良かった

書画骨董の類には、とんと知識も興味もなく
「お宝鑑定団」を見ていても、さほど血が騒ぐこともない
あちこちの美術館を訪れても、これまで東洋美術のコーナーは
早足で過ぎるのが常だったのだが
今度の旅行でブラッと立ち寄ったサムソン美術館の壺には
文字通り、はまった。

こんなに長い時間、壺の前に立っていたのは、自身の最長記録かもしれない。
展示の仕方や、ライティングが良かったのもあるし
私も年を重ね、その滋味を理解できるようになった?
はては単に歩き疲れていた、という説もあるけど^^

GXのマニュアルフォーカスを、
いじって遊んでいた写真を後から見たら
ボケボケ、アウトフォーカスで写った絵の、
柔らかな壺のフォルムに、とても感じた。

なんだか解らないながらも、
「ははーん、こういうことなのかなぁ」かもかも…
くらいな理解なんですが、取りあえず綺麗だなと感じる事が出来るようになった…。気がする
それは少し嬉しいことだ。

でも、大丈夫です。
大きな壺を玄関に買ってきたり
事務所に皿を飾ったりしませんから!

サムスン美術館
ソウル市龍山区漢南洞747-18
電話02-2014-6901
10:30-18:00 月曜休館
スポンサーサイト
FrogKing | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://flogking.blog43.fc2.com/tb.php/261-71e14fb1
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。