スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop
豆腐の試食
fl120930.jpg
RX100

「毎日続ける事が大事なのだよ、ちみ。」
「ちょっとだけ無理をして生きないと、筋肉が付かない」
「すこし汗ばむところで走り終えても、せいぜい現状維持だぜ」

なーんて、若いスタッフに説教こいた手前
9月はブログの毎日更新を目指した!
そして達成。パチパチ

暑いとか寒いとか
タンメン喰ったり豆腐喰ったり
読み返してみたら
ワクワクもドキドキも無く
新しい発見や深い考察などに縁のない
ほとんど繰り返しの生活にガックリする。

うむ、ここはひとつインドに行こう。
インドに行けば自分のなかの何かが弾けるのではないか?

しかしインドに行ったら、タンメンも牛丼も食べられない。
仕方がないから、やっぱり明日もコロッケそばを食べよう。
いつものコロッケそばを食べて仕事場に行こう。
コロッケそばに卵を落とそう。

さようなら九月の自分。
10月からはコロッケそばに卵を追加する
新しい自分になるのだ。
スポンサーサイト
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
Sモード
fl1209290.jpg
RX100

たいていAモードのままにして持歩くのですが
新しいカメラを買ったばかりの時期はいろいろとダイヤルをいじって
何をどーするとこーなるのか試すのだ。

へぇー、こういう風に写るんだ!
初めての事のように感動したりする。

SONYのRX100。
良いカメラだ。

RICHOのGX100はずいぶん長い間持歩いて
たくさん写真を撮った。
まわりの人間が進化したGX200を手に入れ
そのキビキビした動作が羨ましかったので
よし自分はGX300が出たら買おうと決意した。
しかし後継機は出なかった。
GXRになってしまった。
良いカメラだと思って飛びついた。
しかしGX100の小ささ手軽さと比べると
「よし今日もカメラを持って出掛けるぞ」という
ある種の覚悟を必要とするサイズだった。
ほんの数ミリ数グラムなんだけどさ、大きさ重さに存在感がある。
LX7はどうか?と迷った。
しかし又、あの被せキャップをなくさないように
改造キャップを入手して…などと考えているうちに
RX100。
28mmはじまりなのが惜しいけれど
無造作に鞄やポケットに入れて置ける。最近の相棒になった。

すこしヤル気のある日はX10を一緒に持って
気分転換したい日にはQ。
もっと元気だったらGF1やGXR。
仕事でロケハンなんて時はK7&K5。
作品作りな気分(ないけど)の時はプラナー50mmつけた5DmII。だな!

って、誰が断捨離だよ、デジカメだらけだ。
あ、フィルムカメラもたくさんあった。
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
ひとりぼっちベア
fl1209280.jpg
RX100

鯵フライのランチを待つ喫茶店の窓辺。
ふと見ると元ケータイストラップ所属のベア。
迷子のベア。

ベア。
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
つめた〜い
fl1209270.jpg
GXR

から、「あったか〜い」へ季節が移行中。

「なまぬる〜い」や「じょうお〜ん」
或いは「ひとはだ〜」
という感覚の季節は、この国に、もはや無いのだ。
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
で、きみは、ざるか。
fl1209260.jpg
X10

蕎麦屋で上司に聞かれた
We Can Eat It Out | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
ゾンビの友人
fl1209250.jpg
X10

この人は、頭にナイフが突き刺さっているのに
音感がとても良いゾンビで、
「4弦がシャープしてる」みたいな事を指摘するのだ。
そうかなぁー、とチューナーを見ると、
確かに、その通り数セント狂っている。
While My Guitar Gently Sleeps | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
ゾンビな日曜日
fl1209240.jpg
X10
While My Guitar Gently Sleeps | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
高速道路下の川に架かる橋から
fl1209230.jpg
RX100

なんとも圧迫感があって
嫌いじゃない風景なのだけど
長い時間は居たくない。
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
エメマンと百円傘
fl1209221.jpg
X100

「大晦日まで真夏日」なんて事態も想定していたのだ。
Bad Day Sunshine | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
タンメンを食べている
fl1209211.jpg
X10

タンメン好きだなぁ。
We Can Eat It Out | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
雨に濡れた。久しぶりに、少しだけ。
fl1209201.jpg
GXR

天気予報は東京、雨マークだったから用心していたのだ。
でも空を見ると、セーフな感じだったのでトント君との散歩。
途中、ボタボタと大きな雨粒でシャツが草間弥生状態。
あわてて散歩を中断。
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
まーぼーどーふ
fl1209191.jpg
RX100

麻婆豆腐と打ち込もうとしたのですが。
(↑これは『あさ』『ばばぁ』『とうふ』で変換しました)
We Can Eat It Out | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
アイスなど
fl1209182.jpg
RX100

うだるような日々がどれほど続こうが
日中の甘い飲み物や氷菓子は極力とらないように我慢。
夕方のプシュ、プハーに備えるのだ。
ストイックだぜ。
同僚達の「ガリガリ君の新しい味が良い」とか
「シロクマにはまってる」とか「タリーズのフローズンなんとか絶品」な会話には
いっさい参加しないのである。
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
寝子の本懐
fl1209171.jpg
PENTAX Q

まえに訪れた温泉街の豆屋の看板ねこ。
道行く浴衣の客たちが「あら!」と振り向こうが「キャーカワイイ!」と駆け寄ろうが
微動だにせず、熟睡しているのだ。
まったく世間の喧噪、雑音に関わらない
一瞬、死んでんじゃねーか?と見まごう見事な眠りっぷり。
温泉成分の効果だろうか。
いや、やっぱり剥製か?と思ったら
鼻の穴が少しだけ動いた。

羨ましかった。とても
Every Little scene | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
日差し
fl1209160.jpg
GXR

ブルーライト対策もかねて
この日差しのなかを乗り越えるために
薄い色の入ったサングラスを買ったのですが。
直射日光のきつい時間帯で歩くと
やはり眉間に皺が寄り人相が悪くなります。
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
残暑、厳しい
fl1209151.jpg
RX100

普通に会話して、受け答えているように見えるでしょ。
実は気絶してます。
Bad Day Sunshine | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
残暑
fl1209141.jpg
GF1

二日酔いだったりすると、
犬散歩の早めの時間帯でも強い日差しに、気絶しそうになるデス。

この橋の下は体力復活ポイント。
ぐったり。
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
見出しが置きにくい写真
fl1209130.jpg
X10

以前あった景色がコロッと記憶から消滅している。

Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
ビッグマック
fl1209120.jpg
X10

マックの息子はMcCマック!
おめでとう!
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
タンメンを食べている
fl1209110.jpg
X10

タンメン好きだなぁ。
620円くらいでこんなに美味いタンメンを食べられて
幸せだよなホント。
We Can Eat It Out | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
ない街
fl1209100.jpg
X10

君の街にゃ、何がない?
Bad Day Sunshine | Comment : 3 | Trackback : 0
▲ pagetop
犬の散歩以外は外に出ない
fl1209090.jpg
GF1

多動症傾向なのに引きこもる事も好きで、
ちょうど良い季節なのだ。
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
秋味2012
fl1209080.jpg
RX100

そうだそうだ、秋味を忘れてた。
右から秋味、秋楽、秋宵。
普段愛飲している、サッポロの麦とホップ秋パッケージは
今回外して、左は最近凝っている缶のギネス。
グラデーションで置いてみたのだ。

缶のギネスは良いなー。
ちょっと高いけど。
泡が最高である。
まぁ、秋ギネスなんて冗談はやめてね。


ライバル各社がこぞって同じ時期、同じコンセプトで
出してくるのだからパッケージデザイン担当者は、さぞかし大変だろう。
サッポロのように、あくまで「麦とホップ」の季節限定ラベルならばまだしも
統合交渉決裂の直後に出してきた秋楽
負けじと参戦してきた秋宵
地道に育ててきた秋ビールマーケットを死守する秋味。

過去の写真を見ると、どうも麒麟は二年に一度のペースでパッケージを変えている。
「らしさ」をキープしつつ「斬新」な、それでいて「王道」パッケージを!
…なかなかプレッシャーン。
よく見るとしかし秋楽も秋宵も発砲酒の分類でビールなのは秋味だけみたい。
未だに味は普段と、どう違うのかよくわからないのだが。

さて、今夜は「麦とホップ」を飲もう!
We Can Eat It Out | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
だって空、青い。
fl1209071-.jpg
X10

何かのテレビを見ながら
「自分の葬式にはクラリネット協奏曲の第二楽章をかけてほしいな、
ちょっとベタだけど」と呟いたら

「いや、あんたの葬式はビコーズをかけてやる」
と女房に宣言された。

ビ、ビコーズかよ!

確かに、2012年の上半期は
ゾンビの出し物でビコーズを演奏するため
頭の中でビコーズが鳴りっぱなしだった。
もちろん家でも数百回以上かけたし
出張先の夜、居酒屋であのイントロに遭遇したり
移動中も、嫌いなイヤホンを付けて聴き続けた。
スタジオ練習においても最も時間をかけた曲だ。

Because the wind is high it blows my mind…

あの三声のコーラスは、やってみたら
そりゃーもー難しくって。。。

Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
早起きしたけれど
fl1209060.jpg
RX100

早く起きて散歩をしてシュルルっと仕事を片付けて
はやくビールを呑むのだと思っていたのに
なかなか上手く運ばない一日でありました。
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
寝ても覚めても眠い
fl1209150.jpg
GF1
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
札幌は異常ありません!
fl12-9040.jpg
k5

繰り返します。札幌は異常ありません。
Power of Tower | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
防災の日の翌日の東京都現代美術館
fl1209030.jpg
RX100

空想では、もう何十年も前から想定されていたんだ。
ゴジラが来る事くらい。
みーんな解ってたじゃない。
Power of Tower | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
アロエとの再開
fi1209020.jpg
RX100

相変わらず人相は極悪だったけれど
妙にご機嫌だった。
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
福助ちゃん
fl1209010.jpg
GXR

このヤニまみれの福助人形は知っている(はず)
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。