スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop
Neil Youngとモバゲー
DeNAの南場智子氏退任のニュースを掘っているうち
「ニールヤング」という名前が出て来て、びっくりしたのだ。
ああ見えてニールヤング、、携帯ゲームもやり込んでいたのか!?
もういい歳なはずなのに、わりとビジネスマンだったのね。。

よくよく読み進んで行ったら
もちろん同姓同名の別人でしたが

ニールヤング...

スポンサーサイト
未分類 | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
with a little luck
きのう仕事帰りのコンビニで酒買ったら店員氏
「くじを5枚ひいてください」という。

この手のものは私、まったく引寄せ力がないんです。
たいていが「残念でした。ハズレくじを5枚揃えますと…」の説明に進み
欲しくもないチラシを袋に入れられて不愉快な想いをするのが関の山なのだ。

ところが昨日は違った。
面倒くさいなぁと思いながらも
5枚のくじを箱から出すや
「ご、枚ともアタリですね!」ときた。
なんだ、ハズレ無し
全部当たりのくじだったのかと思ったら
左右のレジでは次々「ハズレくじを…」云々の下りが説明されている。

やったー!
5枚ひいて5枚当たるなんて!
かなり嬉しいぞ。

やっぱり震災のあった3月から連休も明け、今週までずーっと
雨の日も風の日も、土曜日も日曜日も
コツコツ真面目に働いていたからなぁ、、
これは神様が勤勉な男に対して与えてくれたご褒美なのだろう。

じゃーん。

fl1105291.jpg
GXR

いやー、愉快愉快。
麦茶とC1000レモンウォーター2本、WONDAコーヒーに日清どん兵衛!

しかしこれで今年の運はすべて出尽くしてしまった…
なーんて事は、ないですよね、神様。
まだ夏の終わりまで忙しいみたいなんスけど
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
bubuという名の食堂酒場
かれこれ10年以上、なんやかんやでお世話になっている
ボインの編集者タカダさんの彼氏が今度レストランををオープンするから
その店のロゴを作れと云う指令が出たのだ。

普段A4変形中とじ、とか、B5平とじ、とか、四六上製とか…
エディトリアルデザインを中心に仕事をしている私としては
店舗のロゴというのは、スケール感が今ひとつ謎に満ちた仕事でして…
大きな看板や小さなメニュー脇に印刷される姿がなかなか上手に想像できない。

困った。

困ったけれども作ってみた。
内心、『これはいいぞ!オープニングパーティーとか呼ばれたりして
ただ酒をたらふく飲んで、おいしい料理を一週間分くらい
喰い溜め出来るかも知れない。』という打算が去来したから
ちょっと頑張った。
bの文字がワインボトルやスプーン、オタマに見えて
uの文字がソーサーや美味しい時の口に見えたらいいなぁと
筆書きの描き文字。
店主の似顔絵はフロッグスタッフの福ちゃんに頼んだ。

名前は「bubu」

「京橋ダイニングbubu」

fl1105130.jpg

店舗設備の業者さんの仕事は迅速で
あっという間に看板だとかきの表札だとかが完成してオープニングパーティー。
中央通りのメルシャンビルとセブンイレブンの間の
焼き鳥屋だらけの細い通りにある一階にはイタリアンレストランの入った
雑居ビルの地下一階。

当然その日の朝飯は、ごく軽く済ませて
昼もざる蕎麦程度、体調を整えて身構えておったのです。
6時スタートのパーティーにイノイチバンに駆けつけて
胃袋と肝臓の限界まで楽しもうと!

ところが、なんです。
その日、某編集部から緊急召集がかかりまして
7時半から打ち合せがあるから全員集合せよ。と。

しょぼーん。
綺麗に盛りつけられた前菜を目の前にして
こみ上げる唾液を乾杯前のビールでこっそり薄めて
招待者の方々のお祝いの言葉や挨拶が終わり
「召し上がれ」の時間になった頃にはbubuを後にして
打ち合せに向かわなければならんのです。

無念。

bubu~!待ってろよ。
今度行く時はヘベレケになるまで堪能するから。
We Can Eat It Out | Comment : 4 | Trackback : 0
▲ pagetop
兵庫大阪京都のタクシー
出張旅費を最小限に抑えるために我々「関西方面視察団」は
阪急電車の一日乗り放題券を入手し
新装オープン間近だった大阪駅の見学も
後ろ髪を引かれる思いで振り切り西宮方面に急がねばならぬのです。

fl1105071.jpg

あぁ、でも。トワイエ。
もうちょっとJR大阪駅のあちこち見て回りたかったのだな。

fl1105070.jpg

FROGの鉄分多めのニュースタッフ
フランキーが記念乗車券をゲット。


ゲットしたものの結局、時間のない我々視察団は
15分バスを待つよりも時間節約のためタクシーを使ってしまったり
私鉄からJRに斜め移動する際にタクシーを使ってしまったり
体力温存のためにタクシーを使ってしまったり

たりたりたりしていたら、乗り放題負け確定。
ぐっすん、元とれませんでしたわ。
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
三宮から宝塚、枚方経由、梅田駅ナカホテル、夜、道頓堀でメシ
実は、個人的に3月の半ばあたりから
西に行きたかったのだ。

節電自粛モードで、ショボーンとした東京と
グリコを再び点灯した大阪との空気の違いを見ておきたかったのデス
せっかく日本は西に東に細長い国なんだし
東京はションボリしていても大阪には
「ありえへん暗スギー!」「オーサカ、ベクレルとかシューベルトとか関係ないやろ。マジで」…

トウキョウ者の、勝手な(しかもかなりステレオタイプな)イメージですが、
大阪圏には、今回のようにシリアスな局面でも、
時に偽悪的に、時に温かく、笑いに転化させてゆく独特の才能があって、
きっとこのションボリ気分も、シャキーンと抜けさせてしまうパワーが絶対あるはずだと。



東北地方は20代の途中でオートバイの免許を取ってから
毎年毎年、多い年には年に4回くらいのペース
ツーリングでお邪魔していたんだ。
朴訥と口数は少ないけれども芯は熱くて優しい、
さりげなく振る舞うけれども実に高いプライドを持ち
あったかく都会からバイクでやって来た兄ちゃんに
とても親切にしてもらったから、是非に足を運びたいで焦れた。

しかし3月終わりから4月の終盤まで
東北の取材から帰ってくる記者やカメラの話を聞くと、
まだまだ現地は大変そうで
自分のような、ひ弱な素人が
「変わり果てた東北の姿を目に刻み、何かのお手伝いをしたいデス」とか
行っても所詮足手まといで、迷惑人間コンテスト上位確定だろうなーと、
余計にションボリしていた。
自分に出来る事ってのは、、瓦礫と化した街の様子や
被災した人たちの絶望の表情や、消防や自衛隊の懸命な仕事ぶりの写真を
一枚一枚選んで並べて行く仕事。
「将来の記録として、しっかりしたものを作らなくては」
と云う想いとともに、いつの間にかドローンとローテンションになっていたのだ。


…こんなテンションの低いおっさん、ますます東北には行けない…



ふと、大阪は、どんなだ?
と、気になり始めたのだが、西日本のニュースがあまりにも少ない。
関東のメディアは、新聞もテレビも被災地東北のニュースばかりだ。

臨時増刊やら、報道記録写真集やら、原発の緊急出版本やら月月火水木金金な一ヶ月半。
ようやくGW進行の目処が立ち、行って来たのだ。のぞみに乗って。

g1105050.jpg
GXR

ピントが合わねー。
東京の設定のまま半押ししたら
大阪の夜が明るすぎて
我がGXRちゃんも戸惑いを隠せないようであった。

Bad Day Sunshine | Comment : 4 | Trackback : 0
▲ pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。