スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop
ROMA! qui da ore! dieci
fl1102270.jpg
fl1102272.jpg
1102271.jpg
K5

いやらしい目線の写真。

と、またスタッフのYべに言われるのだろうな。
スポンサーサイト
Bad Day Sunshine | Comment : 8 | Trackback : 0
▲ pagetop
ROMA! qui da ore! nove
幕張スタジアム位はあるんだろかコロッセオ

イニシエの人々の人生に思いを寄せたりなんかして、
2時間少しコロッセオの近所をじんわり漂っていただろうか。

今度は地下鉄に乗ってトレビの泉のある方面へ

fl1102063.jpg

ローマ市内には東西線と南北線しかない。シンプルだ。
4~5メートルも掘り進むと遺跡が出て来てしまうような土地だろうから
十字形に二本走っている事自体、それでも奇跡のようなルートに違いない。
したがって少し気合いを入れてローマ地下鉄全駅降りテツ…なんてのは
一日で達成できそうだ。

テルミニで乗り換えた後の東西線でスリと目が合った。
かれは明らかに乗り換えの混雑をすり抜け私の脇にポジションを維持し
満員の車内、私の臀部にあるショルダーバッグの
ガサガサと動く感覚はどうも不自然な忙しさだった。

しかしスリ氏の指先は、例のあの、エビ一貫、マグロ一貫。
レンズキャップにポケットティシュぐらいしか物色できなかったのに違いない。

「怪しいなぁと思ったら目を合わせ無言でニッコリしなさい、」

とT中さんからレクチャーを受けていたのでニッコリした。
「私は貴君の事を認識していますからねー」
という意思を表すことが大事なのだそうだ。

スリ氏、今度は家人の方に位置を変え、仕事に取りかかり始めた。懲りないヤツだ。
家人のショルダーをそれとなくコチラに引っぱり
再びスリ氏と目で挨拶。
「どうせ、のど飴3粒に飲みかけたペットボトル以外出てこないよ。」
ココロで呟いた次の駅で彼はちらり振り返りながら車両を降りて行った。

「若い頃のデニーロみたいなイケメンだったら、のど飴あげたのに」
まったく気がつかなかったくせに呑気なリアクションの家人である。

fl1102064.jpg

トレビの泉。
残念な事にこの日
アニタ・エクバーグは水浴びしてませんでしたが
何しろ観光スポット。人口密度が濃い。
白い人も黒い人も黄色い人も赤い人も緑の人も
みんなカメラに向かって笑っています。

fl1102060.jpg

例の31mmですから再び現場監督風の撮り方で
縦長トレビ。水は東レの撮れビーノ。

丁度太陽が背中に位置する時間帯で
空は青く綺麗な色で撮れたのですが
大理石像の足元の辺りから向かいの建物の影が覆い
噴水よりも手前の光と光量が大きく変化してしまって
コイツもへんなコラージュになっちまったです。

現場監督、ピーカンは苦労します。

この日も昼ご飯は中華。トレビの泉近くで中華。
食べた食べた。中華料理は偉い。

fl1102065.jpg

古いフィアット。
本気で欲しかった時期がある。
「カーセンサー」で中古のボロいのが
20万円台~♩の掘り出し物を見つけたりして…
「自分でエンジンや電気系いじれるくらいのスキルと
目的地に到着できなくてもよい位の愛がないなら
苦労するだけだからやめとけ」
と、車の師匠に諭されて踏みとどまった。

やっぱり可愛いな。このデザイン。

fl1102068.jpg
K5
Bad Day Sunshine | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
ROMA! qui da ore! otto
少し仕事が一段落して、
10…『dieci』以上の数の呼び方が書かれた
「初めてのイタリア旅行会話」も購入できたので
(旅行へ発つ前に購入すべきでしたが)
久しぶりにローマを反芻しよう。

さて、この朝もホテルで
ベーコン、ハム、スクランブルエッグ、パンとバター、
トマト、シリアルとミルク、ヨーグルト、コーヒー、パイナップルジュース。

不思議と飽きない。

普段のわたしは「納豆とみそ汁、ご飯がないと死ぬ」を連発して
あるいはどこか小さな路地に立ち食いそば屋でもないものか
キョロキョロ歩きして挙動不審になる所だが。

朝食を済ませた後、この日は名所見学なのだ。
コロッセオ!
バスで行くのだ。

fl1102050.jpg

うーん、でかい。
今日は31mm f1.8 limited一本で勝負だ!と
ズームレンズを部屋に置いて来た事を早くも後悔。
引きで全体を収めるなんて到底出来ない。
それにしても奇跡のような青空。
暖かい。

fl1102051.jpg

fl1102052.jpg

fl1102053.jpg

お土産物屋さん、記念撮影兵。。
観光地って、いいなぁ。。
と、ふにふにしていると
「ナカータ、ナカムーロー、トモダーチ、ジャポーネーゼ」
と陽気に声をかけてくる人。
私は中田でも中村でもないのだが、はてと振り返ると
ミサンガ(…て言うんですか)あれを
家人の腕に付けようとしている。

これこれ、いらないよ、そんなの売りつけられたって…

「ノーグラッチェセニョール、☆●×☆?▶!」
すかさず、T中さんが間に入って振り切ってくれた。
ほんの旅行会話程度を片言で…と謙遜されていうが
とっさに言葉って出るものじゃないから
相当達者にしゃべれるのだろうなぁと、甚く感激したのでした。
「グラッチェ」しか言えない自分はあまりにも浮かれた旅行者であります。
日本に帰ったら「イタリア旅行会話」の本を買おうと、このとき決心したのでした。

この後あちこちの観光スポットで
ミサンガやら一輪の薔薇やら、光るヨーヨーやら
陽気に売りつけられるのですが
「ノーグラッチェ」を覚えたあとは
それほどしつこく絡んでこない。
わりあいあっさり引き下がってゆく。

それはそれで
韓国からのツアーや、中国からの新婚旅行にくらべられて
「ジャポーネは最近、景気が悪い」と思われるのも、なんだか癪だ。

ナカータやナカムーロではなく
カメラをぶら下げたメガネのおっさんの日本人を呼び止める時は
ナギーラ・ケニーチ!
くらい言ってくれると、ミサンガくらい買うかもよ。
と物売りに教えてあげたい心境だった。

fl1102054.jpg

「ローマはスリが多いぞ」と
さんざん脅かされていたので
ショルダーバッグの外側のポケットには
いつものイクラではなくゆでエビを忍ばせて行きましたが
幸運にもスリに関しては取り越し苦労でした。
まぁイタリアに限らず人の集る観光地はどこも注意しなくてはいけませんが。

fl1102055.jpg

あー、やっぱり18-135のズームを付けてくれば良かったなぁ。

fl1102056.jpg

世界記念写真選手権な趣で
みんな笑顔でピース。

fl1102057.jpg

スカイツリーで試みた「分割して撮って合成作戦」

失敗。

fl1102059.jpg

Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。