スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop
ROMA! qui da ore! sette
海外を旅行中、食べ物に里心がついてしまうのは、いつも私で
せっかく現地で美味しいものが食べられるのに
失敗のリスクも高い日本食レストランに入るのはもったいないと
家人からアホバカ呼ばわりされてしまうのです。

そんなとき、中華料理には救われます。
写真を撮りそびれるくらい満腹に食べたあとは
腹ごなしに散歩です。
リソルジメント広場、で撮りテツ。

Piazza dei Risorgimento....

Piazzaって「広場」の意味なんですね。
バスや路面電車の行き先表示にPiazza..Piazza...
どこぞの老舗ピザ屋が地名になっているのかと勘違いしてました。

fl1101220.jpg
K5

日暮をホテルで待ってスペイン広場へ。

fl1101221.jpg
fl1101222.jpg

階段を上りきりシスティーナ通りだったかグレゴリアーナ通りだったか
下ったあたりのT中さんお勧めレストランで晩ご飯。
美味かったなー、マグロのタルタル(目玉焼きが乗っている上の写真)
いま思い出しても涎がデルデル。

fl1101223.jpg
fl1101224.jpg
fl1101225.jpg

パンも美味しく、ワインも二本あけ
途中ほかにも食べたような記憶があったりなかったりしますが
スパゲッティー!
昨夜のピザのように見た目では負ける気がしなかったのです。
とても上品にお皿の上にのった、良い香りの一品。
ひとくち頂きました。ボーノです。ふたくち目もボーノです。
麺がしっかりしている。小麦粉がギュウと詰っている。
今夜は完食する事ができましたが、
ずっしり重く胃袋にこたえました。
そして今夜も「第二の皿」やドルチェまで到達できず。
エスプレッソを頂き、晩ご飯終了。

腹ごなしにバルベリーニ広場から
サンタスザンナ広場手前まで散歩。

fl1101226.jpg

なにかつーと腹ごなしの散歩。
スポンサーサイト
Bad Day Sunshine | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
ROMA! qui da ore! sei
「礼拝堂内での写真撮影はおやめください」

辿り着いたシスティーナ礼拝堂では
こんな薄暗いシチュエーションのためににこそ調達した
高感度のK5を大っぴらには、使用できません。

しかし周りは気にせずパチパチ撮影してましたし、こっそーり
私もノーファインダーでシャッターを切ってみたんです。数枚。
まぁ、ほとんどJUNK PHOTOです。
消去する事はないだろうけれど
別段キャプションを付けて、あーだこーだもない写真が量産されました。

それにしてもバチカン美術館、圧倒されました。

クリスチャンでもないくせに
子供のころ近所の悪ガキ連中と
クリスマスプレゼント狙いで
11月下旬から年末まで、たった数回通った
救世軍の日曜学校で復唱した十数行程度しか
聖書をちゃんと読んだ事がない自分には本当の深い所はチンプンカンプンなのでしょう。
やはり教養としてしっかり聖書に目を通しておいたらば
これらの絵画や彫刻の意味も、きっともっと深く理解できるのだろうなと思いました。

しかし、それでも、このスケール感やテクニックには鳥肌が立つな。

fl1101215.jpg

ハロー。

バチカンを後にしてお昼ご飯。
中華料理を頂いて、少し和んだ。
写真を撮る事なんてすっかり忘れて喰った。
Bad Day Sunshine | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
ROMA! qui da ore! cinque
驚くべき事に。
前日、機中と現地でたらふく食べて
もう腹一杯で朝飯は入らないだろうと思っていたのですが
一晩、寝て起きてホテルの食堂にノソノソ出てゆくと
満更でもない、そこそこに腹が減っていて、喰えてしまうのです。

fl1101200.jpg
K5

うまいんだ、これが。
ベーコン、ハム、スクランブルエッグ、パンとバター、
トマト、シリアルとミルク、ヨーグルト、コーヒー、パイナップルジュース。

うー、恐ろしい事に、べつだん生産的な事は
なにひとつしていないのにも関わらず腹が減っている!
生きているというのは罪深い事です。

fl1101201.jpg

原罪意識とはベーコンエッグを朝から食べてしまう事かよと考えながら、
二日目はバチカン美術館見学です。
観光客がめっぽう少ないこの時期でも朝っぱらから長蛇の列。

でも、われわれはこの最後尾に並ばなくても良いらしい。
T中さんがネット予約をしておいてくれたのでヘッチャラなのだ。

fl1101202.jpg

さてバチカン。
システィーナ礼拝堂はどっちに進むのですか?
ドヴェ・ラ・最後の審判?
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
ROMA! qui da ore! quattro
T中さんの先導で、どうにかホテルにチェックインです。
バチカン市国のすぐ目の前、hotel dei consoli
いろいろ便利だけど味気の無いアメリカ系とは違って
こじんまりした、古いアパートを改造してホテルにしたようなカワイイホテルです。
なにしろエレベーターは3人がスーツケースを持ったまま乗ると重量オーバーという。

すっかり日が暮れてしまったにもかかわらず
三人ともあまり腹が減ってません。
機内食が「わりとイケる」と完食してたせいだ。

腹ごなしにサンピエトロ広場を散策。

fl1101160*
GXR

大寒波を想定してスキー場で転んでもヘッチャラな
重装備の防寒対策で臨みましたが、拍子抜けするほど空気が暖かく湿度もあり
夜の散歩は、良い運動になりました。
何しろ広い。。。築地本願寺しか知らない田舎者には広すぎる。

でもまだあまり、腹が減らない。

fl1101161*

今日は初日で疲れているし近所の食堂で軽く済ませましょうと
T中さんお勧めの近所のピザ屋に入り、まずビール。
飛行機のなかって、やはり乾燥していたんでしょう、ワインスタートではなくビールがボーノ。
軽すぎず重すぎず、キレコクある、日本人の舌にもあうビールだったのだ。

fl1101162*

軽くと言っても軽くなさそうだなというのは一皿目から。
向かい側の妻は温野菜の盛り合わせ、私は生ハムの盛り合わせ。
ひとり一品の前菜なり。
4人くらいでチョッとずつ取り分けていただきましょうね。
というのは、あまり歓迎されないらしいから、
塩味濃いめのハムを追加で頼んだ白ワインとともに黙々と食べ続ける。
奥さんは「味がしっかりしていて美味しい野菜たち」を、ひたすらに食べ続ける。

fl1101163*

そしてピザ。

ローマのピザは生地がサクサク軽くて案外イケちゃう!…とガイドブックにあったけれど
本日わたしたち、内蔵の方の下地も、しっかりできてますもので。

28mmのレンズで誇張して巨大に見えるのでない

妻のチョイスした最もシンプルな気配だったアンチョビのピザでさえ
宅配ピザのLサイズはある。チーズもしっかり乗っている。
私がちょっと冒険心を出して頼んだビザは
この店の名物らしく、左右幅25センチの餃子の親玉のようなものだった。
中にはぎっしりとチーズ、卵、ベーコン等が詰まっておりました。
どれもこれも美味いんだ、美味いんだけど、量が。。。

本来ならば、ここから、メインが来て…という段取りだそうね。
涙ぐみながら、ごちそうさまでした。
完食、できず。

胃薬を多めに持って来て良かったです。

参考出品
1101169.jpg

東京のコジャレカフェで頼む
「ワタリガニとナントカのクリーム仕立てパスタセットアイスティー付き」
普段は「こんなチョコットで午後から仕事になるかい!」と悪態ついてるんですけど
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
ROMA! qui da ore! tre
fl1101160.jpg

うとうとから覚めると
CAがお夜食の時間だよーんと
起こしにくる。

イタリアンサンドウィッチか?ONIGIRIか?

「おにぎりください」

そうだ!機内でションボリした事態に備えて
T中さんの発案により成田の寿司岩で
「太巻き&稲荷のおやつを食べる作戦」もあった。

こっそり寿司に付いていた醤油を手荷物に隠匿。
既に飛行機に乗った後、三食目。

fl1101161.jpg

さて、もうボチボチローマかと言う時分
三たびめの機内サービス。
朝ご飯なのだろうかね。

fl1101162.jpg

40分ほど遅れてアエロポルチヂロマ到着。

大荷物の引き取りでプチトラブルも発生したが割愛。

この調子でウロウロしていると
ワタシの「ことりっぷ」には数の数え方
10までしか表記されていないから
終わらなくなるのだ。
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
ROMA! qui da ore! due
3日遅れて時差ぼけだ。

こんな時間になっても眠れない。

眠れないから続きを書こう。


飛行機のジェットエンジンが回り始め
機内が一定の周波数の音に支配されて
一定の気圧に整い始める頃。
ワタシは決まって眠ってしまう。
これは飛行機事故の最も起こりやすい時間帯
「魔の5分間」に乗客がおとなしく座っているように
催眠効果のある物質を機内に
噴霧しているのではないかという持論に
両側に座るT中さんも妻も「まったく眠くならない」というから
ワタシの潜在意識が「5分間の恐怖」から
身を守るため気を失うように作動しているのかもしれない。

果たして、この日のフライトで
目が覚めたのは、かれこれ一時間半は過ぎた頃
イタリアンウィンク攻撃でワタシを誘惑するはずだった
乗務員は水平飛行に入った機内で食事の準備に取りかかっている

fl1101140.jpg
K5

考えてみたら腹が減っていた。
朝はまだ眠くてコンビニのおにぎりを
「おーいお茶濃いめ」で流し込んだだけだったから
どうせ和洋折衷のインチキ臭い機内食でも
食べてやるかという気持ちになって来た。

T中さんはジャポネゼ
fl1101142.jpg

ワタシと妻はイタリアン
fl1101143.jpg

あれれ。なんだか美味そうだ。
いや、美味い。
腹が減っている事もあるけれども
彩りもキレイでパクパク食べてしまったぞ完食。

なかなかやるな!アリタリア。

腹ごなしに立ち上がり窓の外を眺める。
ゴツゴツとした雪山の上空を飛んでいる。ここどこだ。
ベタな写真だけれども必ず撮ってしまうんだな。

fl1101141.jpg

機内を暗くする時間になったので、また寝た。
しばらくしてまた目を覚ますと
隣のT中さんが、なにか映画を見ている。
「僕も僕も」とマネをして古い映画を選択した。
今観ると恐ろしく素朴な映像でカメラワークも音楽の挿入も大味だ。

fl1101144.jpg

「スカボローフェア」が4回も続けて流れるシーン辺りで
また寝てしまった。

結局T中さんは、前日一睡もせずに飛行機で寝る作戦が失敗して
機内でも一睡も出来なかったのだそうだ。
Bad Day Sunshine | Comment : 4 | Trackback : 0
▲ pagetop
ROMA! qui da ore! uno
fl1011130.jpg
K5

「こんど、一緒にローマに行きませんか?」

編集のT中さんから、お誘いの言葉を頂いたのは、
もう永遠に秋が来ないのではないかと疑い始めた昨年夏。
あの記録的な猛暑だった2010年の夏。
焼け死ぬ前に、暑気払いをやりましょうと
数寄屋橋の界わいで飲み食いしている最中のことでした。

「ローマですか。いいですねぇ。しかし遠いんでしょうねー」

はじめは曖昧に応えていたのですが
酒がすすむにつれ徐々に愉快で万能感に満ちた気持ちになり
宴が終わる頃には、

「それでは、皆さん。次はローマでお会いしましょう!ボンジュー!」と

すっかりゴキゲンで
投げキッスまでして
タクシーに乗ったのを記憶しています。
ボンジューじゃないし、次に会うのは入稿の時だし。

なにせ猛暑が続き、
仕事が詰まり、
毎日を息継ぎ無しの
全力疾走のように(大げさ)過ごしておりましたので
何か視線の遠くに人参をぶら下げておかないと
グレて刃傷沙汰でも起こしかねない精神状態だったのです。

然し、こんな打算もありました。

ドバイはオイルマネーで表向き鎮火されましたけれど
アイスランドが逝き、ギリシャショックで火の勢いが増したあとのヨーロッパ。
中でもPIIGSなどと呼ばれるグループのイタリアです。
次はポルトガルか?スペインか?アイルランドはどうだ?二番底はいつだ?と、
今よりずっと怖々と過ごしていた夏でしたので
ローマ行きの話をした夜に空想したのは
秋ぐちにベルルスコーニがギブアップをして
年末ごろにはドイツあたりがユーロを脱退して
スペイン、ポルトガルなんかがデフォルトし
ヨーロッパが大変な事になっていて
日本も大変だろうけれど
1ユーロ70円位になっていたら
パスタをたらふく喰う事が出来るぞ。

小狡く貧乏臭い事も同時に考えていたのでした。

2011年の正月なんて、ずーーっと遠くの事のように感じてました。
しかし2011年が明けました。

QEIIとかいう皮肉な名前の米国の金融政策が奏功しているのか判りませんが
ご承知のように世界は、どうにかこうにか回っているようです。
そしてイタリアです。
「PIIGS」の「I」はアイルランドひとつでよろしい。と
イタリアの財政はは健全であるから「PIGS」であると。
ホントか?この目で確かめなくてはなりません。

1ユーロ70円で食べまくる事は夢に終わりましたが
それでも充分に一昨年のロンドン旅行よりも円高の状態が続いてますし
T中さん曰く、ローマの一年で最も観光客が少なく
旅館もディスカウントされる時期だそうです。

行って参りました。ローマ。
腹一杯に喰いました。パスタ。

長い前文になりました。
これは枢軸三国を組んでいた伊太利と私の初対面
イタリア渡航歴87回のT中さん。
そしてなぜかフランス語教室に通っているのに
一緒にくっついて来た、私の妻という三人の
イタリア食い倒れ紀行です。

fl1101131.jpg

まだ明けきらない早朝
地味なタクシーに、むくんだ顔で乗るのだ。
窓から聖路加タワーが見える。

流石に元旦は休んだものの
二日から少しずつ仕事を始め
三連休の前後に、お休みを頂く準備をして来たのだ。
それでも直前まで、なんだかんだ。
ばたばたとスーツケースの
パッキングが終了したのは午前二時。
年末に欧州は大寒波があり凍死者が出たなどというニュースを聞いていたのと
真冬の八甲田山での反省も重なり防寒の衣類を詰め込むのに苦労したのだ。

うすぼんやりとした頭で箱崎から成田空港へ向かうのだ。

成田空港で待ち合わせたT中さんは、
昨夜一睡もせずに飛行機で寝る作戦を採られたようで
妙にテンションが高いのだ。
私は中途半端に寝てしまったので
ローギアからのスタートだ。

fl1101132.jpg

10時発。ローマ行きのアリタリア航空。

「イタリアでありたい」的な
回文のネーミングなんだろうと
ずっと思って来たが

「エア・イタリア」の意味なんだと教わった。
「エール・フランス」と一緒なんだと。

fl1101133.jpg

T中さんの見事なチケットゲット技と
華麗な交渉力の末に、なんとCAと向かい合わせの
足が伸ばせる席に着席ラッキー。

いやーん。
向かい合わせに座ったスチュアーデスが
私に一目惚れし、ラテンなウィンク攻撃とかで来たらどうしよう。
隣で寝てるのはカミサンデスけどさ。
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
777
fl1101120.jpg
GX100

無事生還いたしました。
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
大吉
フロッグキング仕事始めの恒例行事
築地波除神社で参拝して、御神籤ひいて、カレーを食べる。

御神籤…。
アヒーー!
なんとなんと、ひいちまったのだ。
1番の大吉。

fl1101050.jpg

やる事なす事、全部よし。だと。

全部よしと言われると、逆に怖いっす。

モテすぎて色に溺れ
美味すぎて酒に狂わないよう
気をつけようっと。
Bad Day Sunshine | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
本日、仕事始めにつき…
fl1101040.jpg
GXR

朝、洗顔中に鏡を見たら
昨日までの「昼間からヘベレケおじさん」の顔から
すっかり「闘う男の顔」に戻ってしまった(自己採点)

カシミアは一年中この顔ですけども。
カシミア | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
あけろまして、おめでとうございマス
fl1101010.jpg
5D


本年もヨロシクお願いいたします。
FROGは5日よりスタートします。

2011は、いったいどんな年になるのでせう。

悪い事ばかりじゃないけども
いい事ばかりでもない。
足してトントンよりは少しおつりが来ると嬉しいんだがね
ニューノーマルだとか言うからさ。

禁酒禁煙とは言わないが
まいにち酔っぱらってだらだらしている時間を
1日1時間節約して本を読むとか。
そういった小さな積み重ねが大事なんだなぁなどと考えながら、
かれこれ夕方から5、6時間ほど嗜んでいたり。

明日から実践するぞ。
RE☆BORNだ!!
FrogKing | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。