スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop
レジェな配管
fl1001310-.jpg
E-P1+LUMIX G 20mm f1.7

ビルとビルの間の配管を見ると、おののきます。
小学生の頃、フナの解剖をした時の、あの気持ちです。
緻密でグロテスクな美しさに感じるのでしょうか。
酒を飲み過ぎ、酸素欲しさに空を見ようとしたから
目眩がしたのでしょうか。
スポンサーサイト
Olympus Garden | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
白い動物たち
fl1001300.jpg

fl1001301.jpg

fl1001302.jpg
GRD3

夜のショーウィンドウで見かける白い動物たちと
朝のカシミヤ。
カシミア | Comment : 4 | Trackback : 0
▲ pagetop
スティーブの手にする新製品
fl1001290.jpg
E-P1

iPadは買わないとなぁ。
FrogKing | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
ギターの日
fl1001281.jpg

GRD3

09年は何かと落ち着かず
休みまくっていたギター教室。
少しはココロの余裕も必要だから
なんとか都合をつけて再開するのだ。

水曜日はギターの日。

でも1年以上のブランクは
想像以上に大きいのだ。

レギュラーチューニングの仕方くらいは覚えてますけれど…怪しいですが

同じクラスの友達が
「Ebリディアンディミニッシュスケールがね、、」
とか言うのを聞くと
冷たい汗が背中を流れるのだ。
While My Guitar Gently Sleeps | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
有楽町
fl1001260.jpg
GRD3

ロイターの記事見てオドロイター…しーん

ま、日常の殆どの時間を、
この界隈で過ごしているからかも知れませんが
驚きました。

有楽町マリオンの西武百貨店が閉店のニュース。

続けざまに、JR東日本が紀伊国屋買収のニュースも!

まず有楽町マリオンと言えば
日劇と朝日新聞東京本社の跡地。
80年代でしたか?阪急と西武がテナントで入ってオープンしたての頃、
若き日の私、西武側のスーツ売り場に迷い込み
「6万か、大人への入り口として試着してみるか」と
良く見たら60万円で、静かに後ずさりした覚えがある因縁の場所。

そして、紀伊国屋と言えば青山の高級スーパー。
たまには背伸びして、「ちょっと」いいワインでも…と訪れて
同じように後ずさりした恥ずかしくも苦い記憶がアルのです。
今後は、SUICAで高級ほうれん草を買うことになるのかい。

はたまた、銀座松坂屋のグッチ撤退後はフォーエバー21
H&Mの並び、アバクロの斜向い?

銀座中央通りでYOSHINOYAと言えばその昔は
高級婦人靴の老舗だったのが、牛丼屋になって久しいし…

誰かが云っていたけれど
銀座松屋のルイービットンが撤退して
牛丼の…になったりしないだろうか?
悪い冗談だ。

本当に流通小売り、衣料、飲食が…いや、日本経済全体が
すさましい勢いでシュリンクしているんだと、まざまざ実感するざんす。
なんだい、このスピードは。
すさましい勢いで70年代くらいまで逆回りしている。気がする。

逆回りで銀座と言えば、
1970年代、銀座三越にオープンしたマクドナルド一号店。
あったなぁー。オシャレっぽかったナー。
シェイクの固さに驚いたナー

…それでも、あの時代の円ドルは、今とは全く価値が違っていたし。

セットアップで普通に60万という
スーツのタグも悪い冗談だと思ったけど、
この引き潮のスピードも
悪い冗談だよ。ホント。
Bad Day Sunshine | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
等身大薄型人間
g1001260.jpg
GR3

昔は街の薬屋だとかレコート店バイク屋などの店先で良く見た
原寸大CMキャラクターPOP。

どれだけ宣伝効果があったのか知らないが
ファンのアイドルがスーッと立っていたりすると
「あ~持ち帰って玄関に置きたい」
などと思ったものです。

日焼け止めのエビちゃんを
一昨年だったか湘南のドラッグストアで
見たような気もするが、最近この手は、とんと見ない。

ストアデザインが進化して
商品そのものを通りに面して置いたり
雑居ビル内での店舗だったりすると
あまり流行らないのだろうか。

だから銀座アップルストアの店頭に
一挙9人ものPOPが立っているのは、少し和む。

晴れ着を着て、にっこりカメラを持つアイドルや
水着で挑発的に睨みつけるモデルじゃないけどね。

なぜ9人なのか。
Bad Day Sunshine | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
椿
fl1001250.jpg
panaspnic L10+SIGMA 18-50mm f2.8 EX DC MACRO

梅が咲き始める事よりも、
椿が終わる事に季節の変化を感じてしまうのは
暗い性格だからだろうかと反省したりして。
Bad Day Sunshine | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
美人の時間
fl1001240-.jpg
panaspnic L10+VARIO-ELMAR 14-150mm f3.5-6.5

たまたま撮影の立ち会いが続きまして
今日は美人の撮影。

まぁ、是非と呼ばれた訳ではないのですが
わりと現場が好きなのと、カメラマンの機材やセッティングを
脇で茶々いれながら見ているのが楽しいもので。

ご馳走の撮影は、お腹がぐるぐる云って辛いですが
美人の撮影は、ヘアメイクの時間を持て余すのだ。
美人が更に美人に出来上がる時間は
肉じゃがが出来上がる時間よりも長くかかるのだ。

なーんて他人事のように云っている次の週は
自分の締め切りでヒーヒー言う訳ですが、
現実逃避の週末です。
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
ヘヴィーな朝定食
この春の出版に向けた、ごはん系書籍の写真撮影初日だったのだ。

立ち会うだけではあるけれど、
撮影中におなかがグゥグゥ鳴っては格好が悪い。
同行するペヤングなアラモード君と勝鬨駅で待ち合わせて、腹ごしらえ定食。

fl1001230.jpg
olympus E-P1+M.ZUIKO DIGITAL 17mm 1:2.8

「月よし」という、タクシー運転手御用達しの食堂なのである。
時間帯的にガランとしていたけれど、ビシッとした品揃えは、相変わらず見事である。

fl1001231.jpg

私はアジフライ。
アラモードはメンチ。
それぞれに納豆を付けて、
半分こにね!と、マカロニサラダ。

気持ちとしては、控えめに注文したつもりだったのが、えらいボリューム。

なにしろ納豆はスーパーで売っている3パック一組の、あの大きさではなく
昭和の頃の1パックサイズ。
マカロニサラダは、最近小食な私にとっては一食分は優にある盛り。
牛丼屋の朝定が、ままごとに見えるぜ。

朝からの健康的なガッツリ定食を
うっすら涙ぐみながら静かに戴く寅年二人組でした。

fl1001232.jpg

ごちそうさまでした。
We Can Eat It Out | Comment : 4 | Trackback : 0
▲ pagetop
春に向かって伸びをする。
fl1001220.jpg
olympus E-P1+M.ZUIKO DIGITAL 17mm 1:2.8

手をグーにして、出来るだけ高く。
Olympus Garden | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
高砂橋の写真
へっへっへ。
今日は宣伝です。
というか、ちょっぴり自慢。なんですよね。

キャー♪

fl1010210.jpg
panasonic L10+LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH

昨年暮れにお話しを頂いた書籍の仕事で
京成線の高砂あたりを舞台にしたものがあったのです。

高砂…。

生まれ育った錦糸町=押上周辺からほど近い、
青砥駅にあった名画座に出かけた子どもの頃の記憶があるのですが
高砂とはどんな場所であったかイメージがわかない。
わかないから、出かけてみたのです。
その日はL-10を持って。

まぁ、ブックカバーを作る際のイメージ資料探しです。
駅前の自転車置き場や、パチンコ屋、モルタルのアパートに、ヨーカドー裏の一杯飲み屋…。
名画座のあった青砥駅の中川を挟んだ一つ次。
寅さんで有名な柴又の一つ前。
高砂とは、そんな下町の私鉄沿線な街でした。

半日ほどぶらっと歩いて翌週に
担当デザイナーに写真フォルダを渡しました。
あくまでイメージ資料です。
イラストでいくか、文字だけでも成立するか、
コンビニをイメージするブツ撮影もアリかも知れない。
そんな段階での資料です。

担当デザイナーが数案作ったカバーデザインのうち
一案でこの写真を使ってくれました。
(決してコレで作れとメイレイしたわけではない)

数日後、ナントナント!
この写真の案が採用されてしまった。のだ!

うーーー、うれしはづかし。

仮に自分の写真を自分で文字を置いてデザインしたとすると
もっといやらしく、文字を抑え気味にしてしまうところですが
そこは担当デザイナーがバッサリ、クッキリにしてくれました。

ワタシの写真はカメラマンの写真じゃないから
写真単体は大したもんじゃなく
何処にも重心がないのっぺりな絵なのです。(資料だし、あくまでも)
文字と組み合わさったときに初めて完成されるようなものです。

まぁ初めから写真の案ありきで、いやらしくなりすぎなかったのが良かったのだと思います

高砂コンビニ奮闘記ー悪衣悪食を恥じず
森 雅裕 著
成甲書房 刊

乱歩賞作家の文章は、やさぐれつつも知的で
ユーモアに満ちつつ程よく絶望的で面白いです。
へぇーコンビニの店って、こういう風に回っているのかと…。

機会があったら是非、読んでみてください。
「コンビニの内幕を暴露!」のような、いかついものではなく
ゆるーく読めるけれど、私たちの「便利の舞台裏」がわかる本です。

ま、今回の件で、多少、値の張るレンズを購入したり
休みの日に突然、ほっつき歩いたりする事も
家人から多めに見てもらえるのではないか、
という希望的観測が、いちばん嬉しかったりして。
Get Book | Comment : 4 | Trackback : 0
▲ pagetop
夜の花壇、使いこなせないDP2の言い訳。
fl1001200.jpg

fl1001201.jpg
DP2

DPは不思議だなー。

よその写真ブログでは、はっとする作品を見かけて
「よし、自分も」と思い携えて出かけるのですが
どうも使いこなせないんです。

日陰や少し陽が陰り始めた時間帯の絵は
むむ!と感じる事もあるのですが、
光が溢れる日中や日が沈んだ後の写真が使いこなせないです。

何せ独特。

この写真は試しに遅くなった夜に三脚をたてて
12秒くらいの露光時間で撮ってみたものですが
造花のようなへんてこな質感の写真になった。

同じような条件下でGXですと、もう少しカリッとした質感になるのが
なにやらヌメッとした不思議な質感。

同じような黒いトランプケースサイズのカメラでも随分勝手が違います。
この質感、これはこれで面白いので使いこなせたらいいなぁと思うのですが、どうしたら良いか…。

というよりも、何をもって「良い」なのか。

「ね。こういうの有りでしょ」というテンプレートが用意されているE-P1やGX、GRと比べて
異様に滑らかで静かな出来上がりが、使いこなせないけど
だから癪にさわって手放せないんだなー。

まぁ、ゆっくり使ってみよ。
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
アカイ欄干
fl1001190.jpg
olympus E-P1+G.Zuiko Auto-w 20mm f3.5

佃小橋。というのだそうだ。
ツクダコバシ。
蛸を突つく橋ではない。

トントが、この赤い欄干で片足を上げそうになるのを制止しつつ
古いPENのレンズを付けマニュアルでピントを合わせた必死の一枚。

このカメラとレンズの組み合わせは現在とても気に入っていて
トントがリードを引っ張らなければ、
もっと良い写真を落ち着いて撮れるのに…と
言い訳しながらうろついています。
Olympus Garden | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
新・東京タワーの現在/2010.1.17の弐
そうそう!
吾妻橋方面から歩いて
東武線の高架下や隅田公園から見るスカイツリーも
なかなかオツなものでしたよ。

fl1001187.jpg

fl1001188.jpg

fl1001189.jpg
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
新・東京タワーの現在/2010.1.17
fl1001180.jpg
fl1001181.jpg
fl1001182.jpg
fl1001183.jpg
panasonic L10+SIGMA 18-50mm f2.8 EX DC MACRO の標準画角あたり

犬の散歩と、タワーの成長記録。実家への顔出し。
三つをかねて行ってきました業平橋。

現在264メートル。

昨年12月14日にアップした時には231メートルだったから、
平均すると一日1メートルくらいのスピードで成長しているんだな。
正月休みもあっただろうから、もっとハイスピードですかね。

根元の部分よりも一回りが細くなるから
一層作るスピードは今後さらに早くなるのだろうなぁ。

前回はE-P1にパナソニックの20mm(35mm換算40mm)だったような気がする。
私がもっと計画的な人間ならば同じカメラを用いるのだろうが
今日はL10を出動させてしまいました。

fl1001184.jpg

トント君、タワーにはあまり興味が無いようだが
周りの人間を観察している。

fl1001185.jpg

携帯カメラ、が一番多いが
コンデジで記念写真のヒト
フルサイズのデジイチで気合い十分のヒト…
様々です。

次くる時はフィルムを持って行こう♪

fl1001186.jpg

電線が邪魔ですが
つまみました。
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
雪へ
fl1001170.jpg
OCNTAX G2+KODAK UC100

なにしろ、
あの写真を溜め過ぎたiphotoの動きに懲りて
パソコンに取り込む事に異常に慎重になっています。

で、CD-ROMから一枚一枚覗き、見つけたこの一枚。
元旦に行った越後湯沢の写真なんです。

いいわー!
雪の感じが。
カリっとしていて、デジタルで撮った雪よりも
溶けにくそうな雪が撮れている。
例えて言うと鑞で作ったかき氷のようだ。

うーむ。
たまにはフィルムで撮るべきだなー。
CONTAX MAN | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
AOZORA
fl1001160.jpg
E-P1

正月ボケをしている間もなく
もう一月も半分終わってしまったーー。

成人の日の三連休は、有り難いのと、迷惑なのと、半々です。
一日少ないおかげで、仕事に巻きが入って少しキツイのだ。

成人の日、昔は15日だったのだよな。

だから今週末は、家でじっとしていたい。
Olympus Garden | Comment : 3 | Trackback : 0
▲ pagetop
多重露光だったのだろうか。
fl1001150.jpg
機種、フィルム共に不明

iphotoの写真整理、
超スローモーションで
一日少しずつ減らして
15000枚ぐらいあったのが
ようやく10000枚台になりました。

なんだ?この白いの。
Bad Day Sunshine | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
チ、チン。ドンドン♪
fl1001140.jpg
CONTAX G2+28mm+KODAK UC100

横浜中華街。
CONTAX MAN | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
逗子あたりだと思うのだが
fl1001121.jpg
Ariaだったはずなのだが

仕事では、わりとスピーディーに、他人様のあげて来た写真を
チャチャっと選択して、「オッケーです」なんてニヤケて顰蹙を買うのだが
自分が撮った写真は、面倒なのと意地汚いのとが混じり
基本、消去しないままi-photoにボイボイあげたままにして来たのです。

しかし、どうやら限界が近いようで、
起動するのも選択するのも異様に時間がかかる。

この三連休、iphotoの過去写真を消去するのに時間を費やした。
(それでも外付けHDにしっかり過去写真はバックアップしているところが意地汚い)

その際、ふと2009年1月12日のところで、ぴたりとマウスが止まった。
どうやら私はその頃、Ariaを持って、逗子に行ったり
秋葉原に行ったり、銀座を歩いたりしていたようだ。

あの日のあの時の私と改めて向き合って
(写真の出来、不出来はともかく)ボイボイ消去する手が凍る。

あぁ意地汚い。おぞましい。

愕然とするものですね。
CONTAX MAN | Comment : 6 | Trackback : 0
▲ pagetop
真冬のフェニックス
fl1001120.jpg
olympus E-P1+M.ZUIKO DIGITAL 17mm 1:2.8

年末から、ずぅーっと東京では好天が続いていたので
あたりが薄暗いから、きっと、まだ6時位で、
少し早いが散歩に行ってしまうか、
と時計を見たら既に8時を回っていたのです。

あまりにも弱々しい太陽だから、
すっかり早起きしすぎた気分で居たのでした。

成人式な彼女たちは朝営業の美容室で
着付けを済まし、出掛けて行く時間帯になっている。
私は今日もトント君と散歩。

少し足を伸ばした公園に行くとフェニックスが立っていた。

なかなか。ものがなしい。
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
111
fl1001110.jpg
GR3

ほう。
あと111日か。
歌舞伎座。
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
ノーウェジアンとダックスのいのち
fl1001100.jpg

実家の母親が飼っているノーウェジアン・フォレスト・キャットのハナちゃん。
もう一匹、もともと飼っていた太めのスコティッシュがいる。

昨日母親から電話が来て、「ハナちゃんの家族が大ピンチなんだよ」という。
元々は、このハナちゃん、近所の犬猫病院で貰い受けて来た猫で
その病院の獣医さんが長くノイローゼを患い先日亡くなってしまったのだ。
自殺だったらしい。

残された旦那さんは獣医ではないから病院は続けられず
住居も出て行かなければならないらしい。
亡くなった獣医さんが飼っていた5、6匹のノーウェジアンと
5、6匹のミニチュアダックスの扱いに困り、
殺処分の検討をしようと思うと聞かされたのだそうだ。

産まれて来た犬猫の命は、最後まで面倒を診てあげるのが
ペットを飼う人間の責任。

正論である。正論だが、
長く鬱病を患った妻のすぐ隣で暮らし
最後には自らの命を絶って亡くしてしまった家族も
尋常ならざるストレスで、相当に追いつめられた精神状態
なのだろうという事も想像に難くなく、気の毒である。

さて困った。
実家の母親も二匹の面倒でやっとだし
我が家も、ひと冬だけ寒さから守る約束だった
元飼い猫らしき野良デブ猫もそのまま居候を決め込み
たくさんの犬猫がいるし。

明日、母親に会う際に、
他の動物病院で里親探しの掲示板を出してもらうなり
インターネットでも里親探しサイトがあるから
紹介するように勧めようと思う。

ハナちゃんの家族ならば、そこそこな美猫だろうから
きっと貰い手がつくのではないか、と楽観的に。楽観的に。

昨年アエラで捨て犬の殺処分の現場写真を見たが
痛ましくて、中々直視できなかった。
取材者が施設に入って行くと、飼い主が迎えに来てくれたものと
勘違いして、尻尾を振りながらチンチンして出迎えてくれるのだという。
目がクリクリの子犬も沢山入っていた。

地方によっては自治体が野良が増えるのを嫌い
捨てペットの日を設けて巡回するなどという、とんでもない話のルポもあった。
「わぁ、カワイイ」とバイパス沿いの巨大ペットショップで
買って来たのは良いけれど、手に負えなかったり
独居老人の亡くなった後に家族が引き取らなかったり
この不況下で経済的に困窮して捨てざるをえなかったり
いろいろあるのだろうけれど、

ペット業界、飼い主のモラル、行政を含めた仕組み作り、、、
ドイツのように、とまでは申しませんが、考えないと。

fl1001101.jpg

それでも、散歩の途中に会う野良たちは
厳冬の苛烈な状況下にも関わらず、
結構図太くやっているようだがね。
Bad Day Sunshine | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
御殿場線はスイカが使えない
fl1001090.jpg
E-P1

ボックス席に座って旅がしたいよー。

んで、
東京駅からエッチラ沼津。
御殿場を経由して国府津。
そしてオッチラ東京。

お疲れさまでした。

眠い。。。。。。
Olympus Garden | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
砂と犬、と足跡。
fl1001081.jpg

キミの足跡と、私の足跡。
これは所謂「すぐに足がつく」というヤツだな。

fl1001082.jpg
olympus E-P1+M.ZUIKO DIGITAL 17mm 1:2.8
Hey Poodle | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
幸せって、なんだっけ
fl1001080.jpg
panasonic L10+ZG35mm f3.5

カツマーは厳しいが、カヤマーも辛い。
どうにか私は、マーマーな感じで生きていけたら良いなぁ。

ププー。
実は、それだけが言ってみたかった。

と、今日の宣伝でした。
Get Book | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
今朝のトント
fl1001070.jpg
olympus E-P1++ G.Zuiko Auto-w 20mm f3.5

妙にハイテンション。
なにか、良い事でもあったですか?
Hey Poodle | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
家紋シールで遊んでみた
fl1001060.jpg
GX100

昨日の続き。すこし宣伝

「幕末と戦国 このとき義を貫いた」の、
付録シールを携帯に貼って遊んでみたのだ。

一人目。
auのデザインケータイに石田三成。
この家紋は、やはり存在感ありますわね。
FrogKing | Comment : 4 | Trackback : 0
▲ pagetop
義を貫くと云ふこと
fl1001057.jpg
Panasonic G1+GVARIO 14-45mm f3.5-5.6

これは宣伝です。個人的な宣伝です。

発売されちゃったんだな。
「AERA MOOK 幕末と戦国 このとき義を貫いた」

はぁ、長いタイトルだ。

昨年末バッタンバッタンした中でデザインしていたムックが
ようやく書店に並んでいる(はず)です。

大河での、「篤姫」…「天地人」…とか
ゲームも、「戦国無想」とか「BASARA」とか
小説では、「のほう」だ「小太郎」だと
流行語で杏が「レキジョ」で受賞とか
ワタシがカメラをいじっている最中に、世の中では、
流行っていたのですね、歴史もの。

PC98版の「信長の野望」以来、歴史ゲームは遠ざかってますが、
篤姫、天地人は観てたものな、このワタシでも。

戦国武将家紋シールが付いて1200円。

物まね芸人のフクヤマが頭にこびり付いていて
はじめに聞いたときは「福山雅治が龍馬って??」と思ったが、
初回を観たら、なかなか泣けたし。
幕末ものは、どーじゃろうか。

売れるといいなー。この本も。
えー、よろしかったら、是非お手にとって頂き
レジなどへ進んで頂けると、有り難いかな、と。

ちなみに「信長の野望」の頃はワタシ、「毛利でスタートしてました。」
と土方歳三LOVEな担当ライターに云ったら、
「フン、比較的、毛利から始めるのは易しいですからね」と蔑まされた。
フンとはなんだ、フンとは!
Get Book | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
コンタックスG2
時々覗きに伺う【徒然なるままDIARY】のNOBUさんの写真に影響を受けて
オークションで落札したままジェラルミンケースに眠ったままだった
CONTAXのG2を持ち出したくなったのだ。

この一年ほどはリコーGX100とオリンパスE-P1ばかりを
ぶら下げていたので、フィルムカメラは久しぶり。
フィルムは引き出しに放っておいた今は亡きKODAK UC100。

fl1001050.jpg

fl1001051.jpg

fl1001052.jpg
CONTAX G2+Planar 45mm f2+kodak UC100

せっかくUCなのに、先日の越後湯沢の真っ白家写真ばかり。。

でも、このカメラ。シャッターを切るのが軽快で、すこぶる楽しいです。
Ariaに付けっぱなしの50mm1.4が大好きなので
オートフォーカスのG2にも、まずはplanarをつけてみた。

シャッター音が楽しくて
あまり色々考えずパシャパシャ開放で撮っていたら
後ピンの写真だらけになってしまった。
少し慣れないといけない。

天候が悪化してせっかくのカメラが雪まみれになるのを避けたので
二日後、撮り残ったフィルムと二本目のフィルを持って
前から気になっていた横浜の六角橋商店街を訪れリベンジ。

ここでも後ピンの写真だらけで
かろうじて意図するものにもピンが来た写真は数枚。
ムズカしい。

fl1001053.jpg

fl1001054.jpg

fl1001055.jpg

fl1001056.jpg

中華街までバスで移動して、肉まんを食べて帰りました。
CONTAX MAN | Comment : 8 | Trackback : 0
▲ pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。