スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop
出張校正室にて
fl0902280.jpg

AERAの「世界K済の新常識」という増刊の大詰め。
久しく遠のいていた市ヶ谷の出張校正室に、昨夜は詰めていたのだ。

まぁ、詰めたといっても私には、せいぜいチャチャ入れるくらいの事しか
仕事上の重大な事柄は、おおかた先週中に終わっていたのだけど
オンラインでサーバーに校了データをアップして終了。。
という昨今、「出張校正」という出来事もそうそう体験出来ないな、と思い。

私が到着したのは夜8時を少し回ったあたり。
先に入っていたK野デスク、K原編集、K松デザイナー(Kづくし)
それと校閲記者3人は、殺気をシュウシュウ出しながら仕事をしている。
「若い頃はよく、バイクで来たなぁ市ヶ谷…」
なぁんて、懐かしがっている私とは真剣度合いが違います。

fl0902283.jpg

そもそも、この増刊、昨年末の企画スタート時には
ここまで世界中の経済が悪化してしまう事態を想像できず
「いろいろ悪い状況が続くけど、少しポジティブに世界経済を俯瞰しよう」
というくらいのコンセプトでデザインを始めたのですが
ご存じのように、あっちの国こっちの国、世界中がボロボロの状態になって、
デザインのニュアンスも少しずつ変えていったため
少し時間的にも押してしまったのです。
言い訳すると100年に一度の事態にデザインもホンローされて…
ゴーメンナサイヨ。

fl0902282.jpg

かつて時計が掛かっていた痕跡のある柱…。

「いったい、今は何時なんだ~!?」

携帯を見れば済むことなのに
みんな徐々にアドレナリンが吹き出し
つまらないことにゲラゲラと笑いながら
全てが終わった時間は2時ちょい過ぎ。
朝日が昇る前でよかったね。

校閲の方々、お疲れ様でした。
印刷営業の方も、お疲れ様でした。

スポンサーサイト
Get Book | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
イラスト展と、つけ麺
千駄ヶ谷に、中嶋未野さんが参加している
イラストレーターのグループ展を見に行ってきました。

fl0902270.jpg

「我がふるさと展」
ギャラリーefと言う場所で開かれてました。
それぞれの方が自らの「ふるさと」のイメージをイラストにする試み。
中嶋さんと話が弾んで、展示作品の写真は撮れず。。。

浜辺に面した横須賀の家から観た風景。
少し濁った、重たげな色合い、シンプルな画面構成。
入れるかどうか迷ったという朱色の浮き輪。
いい絵でした。

fl0902271.jpg

昼過ぎにバタバタと事務所を出たので腹が減った。
umekissサンのブログで、いつも旨そうな、つけ麺が登場してるのをみて
最近つけ麺が食べたかった、ギャラリーを出て千駄ヶ谷を歩いていたら
つけ麺の看板を揚げているのを見つけたので、食べた。
旨いもまずいもなく、むしゃむしゃズルズルと平らげた。

隣に座った久我が頼んだ麺も、物欲しげに観てたら
私の殺気を感じ取ったのか、少し恵んでもらって食べた。

割湯でスープを飲みながら考えた。
然し、食べ物ブログを続けている人は偉いと思う。
私は注文が届いたとたんに食べる気持ちがはやってしまい
写真を撮ることなんか忘れてしまうからなぁ。

しかも、あまり条件の良いわけではない空間で
それなりに旨そうに撮影することなんざ大変な理性をキープしていないと無理だ。
食べ終わったら食べ終わったで、
店の名前なんか思い出すことなく
「食った食った」とひとりごち、外に出るだけだし。
We Can Eat It Out | Comment : 3 | Trackback : 0
▲ pagetop
カート・コベインとジョニー・3ダース
fl0902260.jpg

カリスマ・ロック編集者M井さん軍団も
「これぞプロフェッショナーr!」なテンポで仕事をさせてもろてます。

わたしなぞは、「音楽が好き」と言っても
知っているのは所詮、「点」に過ぎず、いくつかのバンドを愛好していて
「あー!この写真カッコイイ」と思っても
「面」でロック界を知っている彼らからすると
「そりは、わりと、ユーメーな写真だよチミ。」ということが多いですな。
また、それぞれの方々がフォローする、専門領域によっては超ディープで
「誰だか判らん白人のあんちゃん」のポートレートも
「あ、それはテレビジョンのベース!リチャード・ヘル」などと、
0.1秒で解答されるスピード感は、まぎれもなくプロフェッショナーr!
そうでなくてもクラクラする、先週の私の脳には刺激いっぱいでした。

で。カートです。
コベインです。
なかなかスゴイ、レア写真だそうです。
イン・ユーテロの裏鮭メイキングぽいコベイン。
カッコイイです。
ゴシャゴシャのパジャマみたいな
バカボンパパみたいな格好でホゲーっとしている
ごくプライベートな空気の映像なのに。
凄い存在感。
カワイイ。
ルーズな瞳の奥の切なさに、萌えます。

比してジョニ3。

ニルヴァーナよりか、ハートブレーカーズの方を
音楽としては、よく聴くのだけど、映像で観るとなんだかイタイなぁー。
好きなんだけどなぁ、ジョニ3
時代のアイコンに成りすぎたファッションは
遠く海を渡り光源氏な髪形に模倣されたり
ひょっとすると銀映えな方々にも誤訳されて引用されたり?
…な風情だからなのかなぁ。イタイんだな。

同時代の映像でも
デヴィッド・ヨハンセンが女装を落としたときのナイーブ感は男前だし
ラモーンズに漂う妖気はゲゲゲのゲーだし
パティ・スミスの文学美少女ぶりは萌え萌えしててエロい
よーするに、今見ても割と、いけてる感じなのですが

どーいうわけか、ジョニ3だけ浮いて見える。

まぁ、カートとは時代が違うってこともあるけど
数多ある写真の中でもジョニ3だけが、なんだか…。

…強烈すぎる時代のアイコンになってしまうと、
風化して見えるのも早いのかなぁ。。。
次回発売TONE。見てね。せんでん

ツッパリハイスクール
ボーン・トゥ・ルーズ!
While My Guitar Gently Sleeps | Comment : 4 | Trackback : 0
▲ pagetop
土井ラブ平さん来社
夕方頃、イラストレーターの土井ラブ平さんから電話があり
その後ふらっと事務所にいらっしゃいました。

いつものように
土井「ますます、なぎら健一度がアップしてますねぇ」
私「いやいや土井さんこそ今日も女優の小雪にそっくりで…」
と、軽いジャブの応酬を終えてから聞くと

「本を出したので差し上げます。」

fl0902250.jpg

とのこと。

おぉこれは、東京1週間で連載していた、
お笑いデートページの集大成ですな!

「ぐるっと東京デートガイド」
アスペクト刊/1500円

パラパラとページをめくると
いつもの、ちぃこい意地悪目線のイラストで
ディープな東京案内がなされた意欲作です。
金八先生のロケ地巡りやら、川崎大師の帰りに競輪やら
ディープな東京近郊のオモシロ異色散歩ルートが満載です。

小雪に似た女性とのデートは無理としても
なぎら健一似のおじさんが写真散歩するのにも
重宝しそうな一冊ではないか!

保存用と実用に早速アマゾンに注文しますと口約束して
オリジナル手ぬぐいまでもらって(これもわが社のタオルと交換に複数枚おねだり)
とても嬉しい一日でした。

思い起こせば、私がADを担当するA誌に売り込みに来られたとき
土井さんは「趣味は散歩です」と、おっしゃっていたなぁ。とか、
ごく初期にお願いした仕事が見渡す限り小渕首相(当時)のイラストだったから
お付き合い頂いて、まる十年も経つのだなぁとか、思い出し涙腺がゆるみます(笑

それにしても、イラストの方たちは
こういう形で仕事が残るのが羨ましい。

出版おめでとうございます。
今度、近所の蕎麦屋で呑みましょう!

Get Book | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
真夜中のオアシス
fl0902240.jpg

この数週間、
もーホント、あまり普段は忙しいという言葉を吐くのを禁じているのですが
いやいや~、なかなか忙しかったんっすよー。

でもね、そんな日々でしたが「これぞプロフェッショナーr!」
という多くの方々に、直接間接お会いできたのは私にとって大きな収穫でした。

この写真は、とある料理研究家のお宅での撮影最終日。
彼女は常に笑みをたたえ、次々に料理を仕上げ&同時進行で原稿も書いたり、
ご一緒したスタイリストさんも有名な方で、フワリ映画や音楽などの世間話をしながら
的確で鋭いリターンエースを決めまくる現場は、真剣勝負なのに常に和やかで、
大変!感激いたしました。

…その現場で、かかっていた「真夜中のオアシス」
マリア・マルダーのオリジナルで、私の大好きな曲の一つなのですが
誰か別の女性アーティストのカバーがBGMで流れておりました。
後からメールで伺うと、即座にお返事を頂き、
「あぁ、プロは早くて優しいのだなぁ…」と、改めて独り合点している、
今夜はすこし緩んでます。

今週末にでも教えていただいたジャズシンガーのアルバムを
探しに行ければいいなと思います。

GX100
While My Guitar Gently Sleeps | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
ECJB
エリック・クラプトンとジェフ・ベック。

17000円は痛いなぁ~と思いながらも、
A誌前編集長I村さんも行くというし、
奥さんも「いっとこうよ」と言うので
疲労困憊の体にむち打ち、埼玉スーパーアリーナ、行ってきました。

私は曲の名前とか、あまり覚えてないので
セットリスト速報は他のブログや掲示板で確認できるでしょうけど
ガラモン的感想なぞ。

ジェフベックで10曲くらい
20分のセットチェンジを挟んで
クラプトン、意表をつくアンプラグドからのスタートで
やっぱり10曲前後やったかなぁ。
その後クラプトンバンドにジェフが加わる形で7、8曲?

という順に進行したんですが、

ジェフベック!カッコイイ。
体型が変わってないの。
オリンピックホワイト、ローズ指板の
ストラト一本で最後まで通してました。、
不思議なのは、チューニングが狂わないの。
アーム使って弾きまくってるのになぁ。。。
上手い人は、あんななのかな。

ちょっと仕事が忙しくなると
ストレス解消とか言ってアホみたいにギターを買う
買うだけで弾かない自分を反省しました。
終始ギターと言う楽器のあらゆる音を
魔法使いのように演奏しておられました。

でも「レッドブーツ」は、私のギターの師匠、T先生の方が
繊細で切れがあって昨日のジェフベックより良いな。
先生へのお世辞でなくて、奥さんも聴きながら思っていたらしい。
昨日のベックは少し粗かった

続くクラプトン。
いきなり独りで登場してアコギなブルース一曲。
静かにバックが加わり2曲目でもう「レイラ」…
「ありゃ、もう演っちゃうの?」
こういうトレードマークな曲を2人で演奏してくれるのを期待してたのに。

歌も上手いしギターも気持ちいいし、
クラプトンは好きなんだけど、何故か5,6曲続けて聞いていると
お腹がいっぱいになってくるんだよなぁ。

「クロスロード」も100BPM位のディスコみたいなテンポで聴くと
もう、あの名盤の頃のロック心は無いのだねと、ちょっとがっかり(悲

結局2人の競演も
事前に、勝手に妄想して、勝手に興奮していた
「スィートサレンダー」をクラプトンが歌ったらどうだ
「プレゼンス・オブ・ザ・ロード」でギターバトルしたらどうだ…
という事態には全くならず、
12小節を「回してポン!」な、ブルース主体の曲が大半を占め
最後まで「うぉーーー!」と、感激の鳥肌が立つようなことにはならなかったです。

まぁ。レアな組み合わせが観られただけで良しとするかと、
宇都宮線上りに乗り帰宅致しました。
ずっと座って見てたのに、なぜか筋肉痛。

私自身の体がとても疲れていたこともあるんだけどねー

fl0902230.jpg


While My Guitar Gently Sleeps | Comment : 4 | Trackback : 0
▲ pagetop
メタボな休日
fl0902220.jpg

今日はもう、なんだか、色々面倒くさいので
マヨジャガとマルゲリータ、H&H。
ダイエットコーラと、シーザーサラダ。
カシミア | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
情熱熱風仕事中
fl0902210.jpg

ほぼ一週間、メタボ猫カシミアの写真で失礼いたしましたが、
この週末で少し落ち着きそうです~。

折角コメントを寄せて頂いていて、
レスが遅れてすみませーん。
カシミア | Comment : 5 | Trackback : 0
▲ pagetop
絶好調仕事中
fl090220.jpg

ありゃ、もう二十日だ。
伝票起こさなきゃ(汗
カシミア | Comment : 4 | Trackback : 0
▲ pagetop
朦朧仕事中
fl0902190.jpg

ほんに、まぁ、よい天気で。
カシミア | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
超仕事中
fl0902180.jpg

こんなこと滅多にないんですが、
いろいろと重なり。
アップするだけで精一杯っす。

本日もカシミアの日。
こいつを見てると「忙しい」と呟くことさえアホらしくなる
カシミア | Comment : 10 | Trackback : 0
▲ pagetop
仕事中
fl0902170.jpg

とりあえず、本日は、
カシミアの画像でごまかす。

カシミアは家のメタボネコの名称です。
カシミア | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
新宿
fl0902160.jpg

副都心線というのに乗る機会、自分の日常では、皆無じゃが…
丸ノ内線との連絡通路を、先日はじめて歩く機会があり、驚いた。
柱のデザインがキレイ。モンドリアンチックのコンコース。
知らなかったす、こんな場所。

築地~銀座に籠もってばかりは、いかんよなー。

さて、今週で仕事のヤマが過ぎて、
少しは深呼吸が出来るようになるか!?
The ballad Of Pana and Fuji | Comment : 3 | Trackback : 0
▲ pagetop
Dig it!
昨日サタデーは、サブプライムのモンダイから現在の世界同時不況にいたるまでの
プロセスをチャートデザイナーに渡すための下絵作りでエネルギーが尽きました。
経済用語の3文字アルファベットが次々登場して頭がクラクラ~と、しだしたのです。
昼前に原案を起こしてくださったエコノミストの作者とお会いし
正確な内容把握を編集者、私は流れや気分を色と形に変換すべく分業体制で集中しました。
その後、事務所で聞いてきたことを忘れないうちに下絵を集中してなぞり…
集中、しすぎたか?

あるいは待ち合わせの丸の内ホテル、
エレベーター内で見た東京駅舎越しの逆光が
私の疲れ切った視神経に、いたずらをしたのかもしれません。
一日、頭がクラクラしてました。

fl0902150.jpg

最近、忙し気味でギターの練習も出来ないし、音楽も聴いてません。
クラクラしすぎて、なんだか愉快な気持ち…ナチュラルハイです。

ビートルズのDig itが頭の中で鳴り続けてます。

LET IT BE...NAKEDからは外されてしまったこの曲。
うろ覚えなのですが、ジャムセッションで

like a rollingstone !
like a FBI ! like a BBC ! like a CIA !BBKING
とかとか、延々ジョンレノンが3文字英語を絶叫してるやつ。
コレが3文字経済用語に置き換わってループします。

like a FRB ! like a ECB !
like a CDO ! like a CDS !
like a IMF ! like a MBO !
like a RBS ! like a UBS !
Dig it !! Dig it !! Dig it !! Dig it !!
……

転がる石みたいに!
FRB(連邦準備銀行)みたいに
ECB(欧州中央銀行)みたいに
CDO(債務担保証券)みたいに
CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)みたいに…
やっちまえ、はまれ、はまれ

…延々鳴ってます。

経済用語のこれら、
どーゆー由来の3文字かが判らず、
英語で開いても、また判らず、
和訳されて、なおさら判らないという、
自分の頭の悪さにDig it!です(笑

ロックバンドの
CCRとCCB
あるいは、コンタックスのレンズ
AEGとMMJの区別は出来るのに…

あ、帰宅後に見たユニコーン、よかったー。
ギター弾きてぇ。
While My Guitar Gently Sleeps | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
ゆるキャラさん、いらっしゃい♪
fl0902140.jpg

ソウル市庁前のスケートリンクで順番を待つ列の脇で踊る、ゆるキャラさん。
きっと壁一面のポストイットと関係があるのかないのか?
ひょうきんに激しく踊っていていたものだから、わりとウケてました。
こういう着ぐるみのキャンペーンって、中の人は外から見るより随分大変そうだし
正面から写真を撮る勇気がないのです。
子どもの頃ウルトラセブンのアイスラッガーを引っ張ろうとして
中の人に「いてぇよ!」と叱られたトラウマ^^

さーて、
今日は経済関係の別冊のクライマックスシリーズ。
日曜日は休みたい。ですね。
FrogKing | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
13日の金曜日って
fl0902130.jpg

何の日だったっけ?
Bad Day Sunshine | Comment : 6 | Trackback : 0
▲ pagetop
自転車に乗って
fl0902120.jpg

週末は春の嵐の気配だけれど、
だんだんと陽気も暖かになって、
自転車に乗って感じる風の匂いも変わってくれば
少しは明るいニュースも増えるだろう~。

どんより重たいだけの2月。
参っちゃうよねー、まったく。
景気の悪い話ばかりで。

panasonic L10+LEICA D SUMMILUX 25mm1.4
Bad Day Sunshine | Comment : 3 | Trackback : 0
▲ pagetop
休日出勤の日は
fl0902110.jpg

直接、事務所に向かうのも味気ないので
銀座通りを歩いて、三越の地下で弁当を買ったりしてから
仕事モードに入るのです。

地下鉄出口から見上げると、SONOKO。
FrogKing | Comment : 4 | Trackback : 0
▲ pagetop
壁一面のポストイット
fl0902100.jpg

という設定のフェイク。

ソウル市庁舎前広場は冬限定でスケートリンクになっていて
見物に行った際、リンク脇の仮設施設の壁面に印刷されていた。
ハングルが読めないのでjojoさんに解読してもらうと
ちょっとした日常の困りごとなどが書いてあるらしく
恐らく何処かソーシャルネットワークの誘導用SPだろうとのこと

「植木が枯れちゃうんだけど」とか「告白できずに悩んでます」とかを
「それなら○○ネットにアクセスしてみたら?」みたいなことらしい。

壁一面ポストイットというアイデアは、
カラフルで面白かった。

近いうち見開きいっぱいにポストイット…
という誌面が、もしあれば。はい私、インスパイアされました^^

panasonic L10+LEICA D SUMMILUX 25mm1.4
FrogKing | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
ビックカメラの袋
fl0902090.jpg

おなじみビックカメラの袋。
先日貯まったポイントを使って、
ミニスタジオセットを買ってきたのです。

まずは、自分たちのHPに上げる書影の写真を
もう少しどーにか、ならないもんかなと言うのが主たる思いなのだけど
ここのところ続けて撮影現場の立ち会いが多く
その現場への憧れも少しある。

レフ版や背景紙、トレペの類で随分と大きな荷物になってしまい
その特大の袋をバス停でしげしげと眺めた。
黒地にレインボーカラーのバージョンではなく
藁色のクラフト紙に褐色の一色刷り。

家電、カメラを中心とした取り扱いメーカーのロゴがひしめくデザインは
もうすっかり馴染み深いものである。
去年ロゴをリニューアルしたDoCoMoも新しいものになっているから
この袋も定期的に新しくなっているのだな。

不動産ローンの証券化商品がショートした金融危機を端緒に、
影響は自動車産業、果ては電機産業へと舞台を広げ世界中が喘いでいる。
この袋に豊にひしめき刷られているロゴの会社たちも殆ど
「史上最大の下げ幅」の利益に苦しんでいるのだろう。
ロゴが一つ消え、二つ無くなり、合併統合したりして更に…
ビックカメラの袋からロゴが消えてしまう様を妄想した。

考えてみたら日本という一国で自動車会社も数多くのブランドが輝き
電機もカメラも数え切れないくらいの会社が世界を席巻してきたこと自体
いくら「資源の少ない国」の産業とはいえ奇跡的なことなのだと改めて感じる。
銀座通りは外資のブランドに席巻されて5番街化して久しいけれど
ビックカメラの袋は、どうか変わらず、「物作り」を、諦めない国であって欲しいな

…と、たまーにシリアスに考える。

Bad Day Sunshine | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
contax IIIa、最初の写真。
南大門で入手したcontax IIIa(と言う名前だったのね)の
ファーストロールが上がりました。

自己紹介覧で「古いカメラで撮る日常」云々いっときながら
久しぶりの「古いカメラ」の非日常です。

fl0902080.jpg

日本から持って行ったKODAKのエクター100を
早速カメラ店で仕込み撮影したファーストショット。
何を撮りたかったんだろう

fl0902081.jpg

クー!しびれるフレア。なんだこりゃー。
こんなに見事な虹は初めてです。ボク。
ネットで読むと逆光に弱い云々書かれていました。
逆に道楽で撮る分には、写真的。では?

fl0902082.jpg

再建中(?)の南大門。
囲いに南大門が描かれていました。
蔦のプリントがされた囲いで
工事中の甲子園球場と同じ発想ですね。
このくらいの距離ではまだ無限遠だとぼける。
フォトショップのダスト&スクラッチかけたような感じ。

でも、とりあえず、現像できて、よかった。す。

contax IIIa+Carl Zeiss Sonnar 1:1.5 f=50mm+KODAK Ektar100
CONTAX MAN | Comment : 6 | Trackback : 0
▲ pagetop
半島の壺
fl0902070.jpg
fl0902071.jpg
fl0902072.jpg

ちゃんとトリミングしてからアップすれば良かった

書画骨董の類には、とんと知識も興味もなく
「お宝鑑定団」を見ていても、さほど血が騒ぐこともない
あちこちの美術館を訪れても、これまで東洋美術のコーナーは
早足で過ぎるのが常だったのだが
今度の旅行でブラッと立ち寄ったサムソン美術館の壺には
文字通り、はまった。

こんなに長い時間、壺の前に立っていたのは、自身の最長記録かもしれない。
展示の仕方や、ライティングが良かったのもあるし
私も年を重ね、その滋味を理解できるようになった?
はては単に歩き疲れていた、という説もあるけど^^

GXのマニュアルフォーカスを、
いじって遊んでいた写真を後から見たら
ボケボケ、アウトフォーカスで写った絵の、
柔らかな壺のフォルムに、とても感じた。

なんだか解らないながらも、
「ははーん、こういうことなのかなぁ」かもかも…
くらいな理解なんですが、取りあえず綺麗だなと感じる事が出来るようになった…。気がする
それは少し嬉しいことだ。

でも、大丈夫です。
大きな壺を玄関に買ってきたり
事務所に皿を飾ったりしませんから!

サムスン美術館
ソウル市龍山区漢南洞747-18
電話02-2014-6901
10:30-18:00 月曜休館
FrogKing | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
南大門カメラ街
fl0902060.jpg

焼けてしまった南大門には囲いがしてあり
現在は修復中なのであろう、かの街のシンボルが失われた風景は
さぞや殺風景だろうと想いながら歩いていたら、

ムム。なにやらユトリロ(だっけ?)の描くパリの下町のような風景。
しかもキヤノン、ニコン、などの見慣れたロゴが目に入ってくるではないか!

折角だから覗いてみよう。
なんなら、トイデジが欲しかったんだから
記念に買っちゃおうか

しかしトイデジは、この辺りでは見あたらず
代わりに銀塩の一眼がずらり並んでおりまして。
スメ8や古いPENTAXをぶら下げたカメラ女子も数人見かけ
ソウルでも女子カメラブームなんだろな…
と、そこへ、目に飛び込んできたのはContax。
なかなか見事な存在感です。

しかしどこにも値札がない。

恐る恐る尋ねると最初に提示されたのは80数万ウォン
異国のお金ゆえ高いのだか安いのだか判らないけど、
日本での相場も判らないから、どっちみち判らない。
だから、「このカメラに対するわたし」という基準で
高いのか安いのかという判断しか出来ないわけです。

セレンの反応は辛うじて、ある。
他の同機種を知らないからコレも判らないけど
ノローーーーっと、針が、一応は振れる。

ファインダーは、まぁ綺麗な様子。
レンズも年月を経たわりには綺麗に見える。

fl0902061.jpg

ちょっと値切って日本円で4万6千円くらい?

でへへへへへへ。
買ってしまった。
でへへへへへへ。
革ケースも元箱も付いてきた。
でへへへへへへ。
まだ1ロール撮りきってない。
でへへへへへへ。
早く現像したい。
でへへへへへへ。
帰国後、忙しすぎて写真撮れない。
でへへへへへへ。

これって、安い買い物なの、高いの?

panasonic L10+LEICA D SUMMILUX 25mm1.4
CONTAX MAN | Comment : 6 | Trackback : 0
▲ pagetop
撮影立ち会い
FH0902050.jpg

本日は某所で、料理の撮影。
あぁ~、料理も、写真機材も、美味しそうっす。

撮影立ち会いも、料理のときは
撮影立ち食いが出来たりするので、ついつい最後まで居てしまう。

それにしてもプロフェッショナルは
料理も写真も手際が良いです。
ほれぼれ。

FrogKing | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
ぷはー!
fl0902040.jpg

深呼吸!
息しないとね。
FrogKing | Comment : 4 | Trackback : 0
▲ pagetop
無呼吸運動に近い…。
fl0902030.jpg

先週末のソウルは、たまたま天気が良くて
街の写真も、たくさん撮れたし良かったなぁ…なのですが

帰国後、仕事場は新規の依頼や先週末までのプチトラブル、
スケジュールの変更などが生じてケッコウ大混乱。
まぁ、仮に旅行に行かなかったとしても、この事態は一緒なのだから
思い切って、行っちゃって良かったね、と言うことなんだけど。

で、帰国後のドタバタの中、早速ソウルで撮った写真を
ちゃっかりダミー画像として使っちゃったりして
ただ、遊びに行ってきたわけではナーイのだスミダ。
遊んでもタダで起きないっそよ。

ゆっくり韓国滞在記でも起こしたいけど、今週は、いささか難しげだす。
オーバー40には、ちぃと厳しい週だな。だな。
FrogKing | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop
帰国
fl0902020.jpg

とりあえず、無事帰ることが出来た。
駆け足だったけど、時々海外に出ると脳が活性化した気がする。

モノレール降りたら、いきなり全開仕事モードでした。
FrogKing | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
へジャンクの朝
旅行中にいつも思うことだけど
普段の食事は、三食とも、たいした量を食べているわけでなく
朝なんかは特にコンビニのパンだったりヨーグルトだけだったりして

そんななのに、旅行になると朝の食事も
意地きたなく、しっかり一食分にカウントしてしまうから
膨満感に苦しむのだよなぁ。

と言いつつ朝はへジャンクしてきました。

fl0902011.jpg

牛の血のスープなんだとか言われるとひきます。
最初に食べたときは、「だまされたと思って食え」と
同行したクライアントの、えらい人に言われ
半べそかいて注文したのですが、
これが、とても旨かった。
ソウルに来るたび食べてしまいます。

しかし、言葉の連想から
ストーンズの「山羊の頭のスープ」を。
さらに連想で、頭の中で「ギミーシェルター」のイントロがずっと流れてしまう。

fl0902010.jpg

ムーラン…と、読むのか?
プラザホテルの裏手のお店でした。
We Can Eat It Out | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。